スタッフブログ

2011年02月24日(木)

必須アイテム!?

こんにちは、AIBSのAです。
少しずつ春の気配を感じるようになりましたね。
今年は例年になく花粉の飛散量が多くなるらしく、重度の花粉症の私には、
恐怖の春になりそうです…。crying

さて、突然ですがクイズです!
「4,700km」この数字はいったい何でしょうか?

答えは、2011年に入って出張で私が移動した距離です。
日本から4,700km離れた場所ってどこだろう?
そう思って調べてみると、なんと東京からバンコクまで行けちゃうみたいです。
すごーい。wobbly

お客様から「今日は東から来たんですか?西からですか?移動が多くて大変ですね。」
と声をかけていただくことが多いのですが、旅行好きの私にとって仕事で
あちこち行けるなんて、こんなラッキーなことはありません。
それに、新幹線や飛行機に乗った瞬間に、座席は快適な仕事場に早変わり。
普段なかなか手がつけられない企画系の仕事や資料作成に没頭でき、
貴重な時間と空間が確保できます。

ただ、快適に過ごすためには欠かせないアイテムがあります。
まずパナソニックのレッツノート。
軽量・長時間バッテリー・頑丈。
これまで何度手を滑らせて落としたことか分かりませんがsweat01、ホントに頑丈です。
それから、マイスリッパ。
友人には「変だよ~新幹線でスリッパに履きかえるなんて」と笑われますが、これだけは譲れません。
ほんとに快適なんですよnote

そして、時間貧乏症な私に欠かせないのが書籍。
特に「目標達成」に関する本にはついつい手がのびてしまいます。

goods.jpg

■ 『1063人の収入を60日で41%アップさせた目標達成する技術
 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~』
 マイケル・ボルダック著(堀江信宏訳)

■ "Eat That Frog!" by Brian Tracy (かえるを食べてしまえ!)

■ "THINK And Grow Rich" by Napoleon Hill (思考は現実化する)

マイケルの書籍はあっという間に読めてしまうのですが、本当の意味で内容を理解し、
実行に移すまでには時間がかかりました。
また、マイケルの生い立ちから現在に至るまでの話が衝撃的。
「目標を達成したいけどなかなかできない・・・」そんな方には一読をお勧めします。
また、"THINK And Grow Rich"と"Eat That Frog!"はマイケルお勧めの書籍です。
「成功者がなぜ成功するのか」その原因と結果が見えてくると思います。
読みやすいので、英語学習者の方はぜひ原書でチャレンジしてみてください。

そして、最後の必須アイテムは、仕事が終わった後のご当地ビールでしょうか。beer

「何事も楽しみを見出すことができれば、人生はより楽しくなる。」
そう思って今日も大きな荷物を抱えてお客様の元へと向かいます。

では、また次回のブログでお会いしましょう。


カテゴリー:オフィス便り

2011年02月18日(金)

地元文化、マイ・ラブ

こんにちは。AIBSのMです。happy01

この「こんにちは」、世界各国の言葉でなんと言うか、みなさまよくご存知だと思います。
英語はHello、中国語はニイハオ、タイ語でサワディーなどなど。
では「お誕生日おめでとうございます!」は?

我々サービス業、お客様の多様なニーズにお応えすべく、日夜研鑽を積んでおりますが、
マンパワーにはやはり限界があり、外部のお力を借りることもよくあります。
その重要なお力になってくださるのが、フリーランスの翻訳者、通訳者の方々です。
専門知識、職務経歴、またお住まいの地域、国、母国語など、実に様々です。

翻訳は居住地問わずできる仕事であるために、これまで何年もお世話になっているのに
一度もお会いしたことがない、という方がたくさんいらっしゃいます。
そこで、日頃のご協力に感謝をこめて、お誕生日にはバースデーカードをお送りしています。

card.jpg

このバースデーカード、周りに小さく、「お誕生日おめでとうございます!」と、
世界各国の言葉で書かれているのです。
外国語を扱う会社ですからね、やはり「お誕生日おめでとうございます!」ぐらいは
外国語で知っておかないと。
と言いながら、発音できない言葉がたくさんです。sweat02

中央は、広島のお好み焼きにローソクを立てた「広島版バースデーケーキ」です。birthday
シーフードやねぎがたっぷりのった、そしてマヨネーズまでもがトッピングされた
スペシャルバースデーケーキ、そしてその横にはひそかに広島カープの
ラベルが貼られたビール。beer
「世界をもっと身近に。」がキャッチフレーズのAIBSですが、
地元文化も愛してやまない私たちです。


カテゴリー:オフィス便り

2011年02月14日(月)

「本」ってやっぱりいいですね。

こんにちは。AIBSのMです。happy01

Webサイトリニューアルからはや半月。
甲斐あってか、連日Webサイト経由でのお問い合わせが相次いでいます。
ありがたいことです。weep

さて、暦の上では春ですが、先日広島では市内平野部も含めて大雪に見舞われ、
まだまだ春の暖かさを感じるのは先かな~と思わせる毎日が続いています。
寒い冬も暑い夏も、それぞれの季節を少しでも楽しめるよう、AIBSではエントランスに写真を飾っています。
今は↓です。

entrance.jpg

とはいえ、日頃は情緒にひたる間もなく納期に追われる私たち。
翻訳の仕事は調べもの、と言っても過言ではありません。
お客様からお預かりする資料はほとんどが専門性が高く難解なもの。
インターネットのおかげで何かと便利に調べ物ができる昨今ではありますが、
ひと昔前は調べものといえば「本」でした。
図書館に行き専門書をめくって一生懸命調べたりするわけですが、
ほしい情報が得られる本にバッチリめぐり合う、ということもなかなかなく、
調べる以前に本を「探す」ことから始まったものです。

今はオフィスにいながらにしてたいていの情報は手に入れることができる便利な時代です。
すっかり図書館から足が遠のいていましたが、先日ふと思いつきで図書館に行ってみました。
特に昔と変わったところはなく普通の小さな図書館なのですが、隅に数台パソコンが置いてあり、
市内各区の図書館の蔵書が検索でき、他の区の図書館からのオトリヨセも
できるようになっているではありませんか!
蔵書も、専門書を含めてかなりの量のようです。

きっとたくさんの人に利用してもらえるよう、図書館職員さん、行政の方々が工夫されたんでしょうねぇ。
ありがとうございます。

以来、読みたいと思った本は雑誌も含めて図書館でじゃんじゃん借りています。
要望が多く、蔵書が足りなくて困っているらしい「もしドラ」
(「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」)を
日頃のお礼に寄付してまいりました。

活字離れといわれる現代でありますが、「本」ってやっぱりいいですね。book


カテゴリー:日々のつれづれ