スタッフブログ

2014年02月26日(水)

全角/半角の切り替えを素早くするワザ

私は会社ではWindows、家ではMacの二股生活を送っています。

どっちにも良いところがあるのですが、WindowsになくてMacにしかない小悪魔ポイントがコレ↓

mackey.jpg

スペースの左右にある[英数]と[かな]キー。Macユーザーにはなじみ深いですが、文字通り英数字入力とかな入力用のキーです。

Windowsだと左上の[半角/全角]キーで切り替えるのが普通ですが、遠いし、キーがちっちゃくてたまに押し間違えるし嫌いです。

あと、キータッチが勢い余って2回押して結局切り替わらなかったり。

私は翻訳という仕事柄、鬼のように全角と半角を切り替えるのですが、間違えるたびにMacが良かったとイケない比較をしてしまいます。

 

でもWindowsとの生活も捨てられないので、何かいい方法がないかなと探していたら、ありました!

OfficeのIMEのプロパティに、キー設定を変更できる機能があります。

これを使って、Windowsキーボードの[無変換]と[変換]キーをMacキーボードの[英数]と[かな]キーに変えてしまいます。ちょうど同じ位置にあるし、私はWindowsの[無変換]と[変換]キーはまったく使わないので問題なしです。

1. IMEのプロパティを開き、「全般」タブの「編集操作」フィールドでキー設定の「変更」をクリックします。

※IMEのバージョンによって微妙にボタンのある場所が違います。

IME01.PNG

2. 「無変換」の「入力/変換済み文字なし」はデフォルトで「かな切替」になっているので、「変更」をクリックして、「IME-オフ」を選択します。

IME03.PNG

「入力/変換済み文字なし」以外の状態の機能は残しておいてもかまいませんが、私は無変換機能を使わないので全部削除しました。

3. 同じやり方で、今度は「変換」の「入力/変換済み文字なし」を「再変換」から「IME-オン」に変更します。

4. ついでに[変換]キーの右にある[カタカナ]キーも使わないので、[変換]キーと同じ設定にします。

 

MacとWindowsの二股ユーザーはもちろん、Windowsしか使わないユーザーにも超絶オススメです。


カテゴリー:便利小技 - WIndows