スタッフブログ

2014年09月16日(火)

ロードスタークッキー

マツダのオープンカー、ロードスターが発売から25周年を迎えました。

それを記念して、広島の老舗パン屋さんのアンデルセンとマツダがコラボしてロードスターのクッキーが発売されました。

発売は確か8月初旬だったと思いますが、当初はすぐに店頭から消え失せ、なかなか買うことができませんでした。

やっと下旬ぐらいになって購入することができました!

パッケージはこんな感じ。

roadster_1.jpg

roadster_2.jpg

 

開けるとこんな感じ。

roadster_3.jpg

 

中にこんなリーフレットが入っていて、上にクッキーを置いて楽しめます。

あっという間になくなりましたけど。bleah

roadster_6.jpg   

 

形もかわいいのですが、クッキーそのものも美味しかったです。さすがアンデルセン!

販売したアンデルセン、商店街の中でもひときわ存在感を放っています。

原爆投下20年前の1925年に三井銀行広島支店として新築され、

天窓から外光が差し込む吹き抜けの周囲に中2階の回廊がある、ルネッサンス様式の趣ある重厚な建物です。

耐震補強を重ねてきたのですが、さすがにそろそろ建て替えるという話しも出ています…。

広島の人はその建物に少なからず愛着がありますので、建て替えはほんとに惜しい!!

できれば今の建物のまま、ロードスターと一緒にさらなる歴史を積み重ねてほしいと思います。

andersen01.jpg andersen02.jpg


カテゴリー:日々のつれづれ

2014年09月11日(木)

アナタのお悩み、解決しました。

USB_image.jpg

皆さんは、会社やご自宅でUSB機器を使われる際、コネクタの向き(裏表)が違うことでポートに挿せず、悩まれた経験はないでしょうか?

 

このたび、USBという規格が誕生してから20年近くも経って、ようやくその問題が解消される見通しになりました。

 

具体的には、USB 3.1の規格に準拠しつつ、コネクタの形状が「Type-C」と呼ばれるものの規格化が完了した...ということになります。

 

このType-Cというコネクタは、既存のモノとは形状が異なるんですね。

* ご参考までに、USBコネクタの形状には、こんなものがあります。(Wikipediaより)

 

これにより、上述した「コネクタの向きが違う」という理由で、ポートに挿せないということはなくなる訳ですが、USBという規格に合致した商品はかなり普及しているので、「裏表なく挿せるようになる」というだけでは訴求力はないかもしれません。

しかし、USB3.1規格への準拠により、データの転送速度や給電容量も上がっていますので、そのうち、ぼちぼち、じわじわとメジャーになるかもしれませんね。


カテゴリー:浅く広い技術のはなし

2014年09月08日(月)

街でみかけるスペルミス「撮ったどー」

翻訳や校正の仕事をしていて、やはり気になるのは誤字・ミススペルでしょう。
 
皆さんも新聞・雑誌書物で見つける機会はよくあると思いますが、街の中で見つける機会は滅多にないと思います。
 
だから余計に、見つけたときの感動はそれなりのものがあります。
 
昔からあるコーヒーショップですが、いつもは上の方まで見上げることなく、ただ店の前を通り過ぎるだけでした。
しかし、その日はなぜか、じーっと上の方まで視線を移動。
 
あっ、アビーロードの看板があった。知らなかった。その上には、店の名前が描いてある。
 
??“Yesterdey”??
 
筆記体なので“a”が 崩れて、あんな形になっているのか?
 
でも、その前の“e”と同じ形です。
 
すかさず、携帯でパチリ「撮ったどー」
yesterday.jpg
 
知的財産のことを考慮して、わざとそうしているのかと思いましたが、
真相を確かめるべく店内に入り、ランチを注文。
 
yesterday2.jpg
 
このランチが520円です。
ハンバーガー、ハッシュドポテト、フルーツ、コーヒー。
そして、コーヒーカップや紙ナプキンのロゴは“Yesterday"でした。
 
お店の中は、インテリアからBGMまでBeatles一色で、
一瞬60~70年代にトリップしたかのような雰囲気にひたれます。
 
あの看板も含めて、チェーン店には出せない味がありますね。
yesterday3.jpg
 
こういうお店がなくならないことを切に希望します。
 
T.K.
 
 

カテゴリー:We LOVE Hiroshima