スタッフブログ

2015年11月12日(木)

「プレデターズ」から学ぶ映画タイトル

先週の日曜日、プレミア12の日韓戦のあとに「プレデターズ」という洋画が放送されました。
 
新聞欄に書かれた「プレデターズ」というタイトルがひっかかり、キャストまでよく見ていなかったせいか、てっきりアーノルド・シュワルツェネッガーが出てくるものだと思っていました。見始めて、なんか違う!!アーノルド・シュワルツェネッガーが出てきません。シュワルツェネッガー主演の第1作は「プレデター」で「ズ」が付いていないのだと気が付きました。
せっかくなので最後まで観ましたが、なんか紛らわしいタイトルの付け方だなーと思いました。
 
すでに第2作は、「プレデター2」といっているわけだし。今回のはシリーズ第3作なので、単純に「プレデター3」でいいじゃないとも思いました。
そこで、これは日本語のタイトルがおかしいのではないかと、英語のタイトルを確認。
 
  原題 日本語タイトル プレデターの数
第1作 Predator プレデター 1匹
第2作 Predator 2 プレデター2 1匹で最後にたくさん
第3作 Predators プレデター 4匹
 
第1作のPredator(プレデター)は、1匹でした、しかし第3作では4匹出てきました。だからPredators(プレデターズ)なんですね。
日本人にとってもっとも苦手な複数形の活用の大事さを再認識です。
日本語のタイトルからは「プレデターの単なる続編でしょ」くらいの感覚しか湧いてきませんが、英語タイトルでは“s”が付くことで、続編であると同時に、「あの恐ろしいプレデターがたくさん出てくるのよ」みたいなことが伝わってきませんか。
日本語タイトルを決める時に、「プレデター3」としなかったのは、作者の意図をくみ取って、あえてカタカナ訳「プレデターズ」としたのかなー
 
もうひとつの有名なSFシリーズといえば、エイリアンですが、こちらの日本語タイトルは、残念ですが単純に連続につけられていました。
 
  原題 日本語タイトル プレデターの数
第1作 Alien エイリアン 1匹
第2作 Aliens エイリアン2 クイーン1匹と無数のオス
第3作 Alien3 エイリアン3 たくさん
第4作 Alien: Resurrection エイリアン4 たくさん
 
第1作はエイリアンが1匹なので単数、第2作はたくさんいるので“s” が付きました。第3作は何故か乗数3を使用、おそらく“s” では足りないほどのエイリアンがいると言いたかったのでしょう。第4作はエイリアンの数ではなく、エイリアンも主人公のリプリー(シガーニー・ウィーヴァー)も以前のものとは別の個体として蘇っていることにスポットを当てたかったようです。
 
作者の意図をくんで、T.K.流に日本語タイトルをつけると、
第1作 エイリアンという奴
第2作 エイリアンという奴ら
第3作 エイリアンという奴らがいっぱい
第4作 エイリアンという奴ら:蘇り編
なんですが、日本では単純に、連番のほうが分かり易くて良いのかもしれません。
 
ちなみに、ちょっと古くなりますが、「ローマの休日」の英語タイトルは 「Roman Holiday」です。
アン王女(オードリ・ヘップバーン)と新聞記者ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)のローマでの切ない24時間の恋を描いているので、ちゃんと「Holidays」ではなく、「Holiday」になっていますよ。
 
 
いやー映画のタイトルって本当に面白いもんですね~。
それでは皆さん、またお会いしましょう。
さよなら、さよなら、さよなら
 
T.K.
 

カテゴリー:英語ネタ

2015年11月06日(金)

自動販売機王国(Vending Machine Kingdom)

以前ブログで街の中にあふれる多言語翻訳を紹介しましたが、こんどは非常に限られた世界での事例を紹介します。
 
駅のホームに設置された自動販売機です。
外国人おもてなしの一貫でしょうか、使用方法が、日本語・英語・韓国語・タイ語・中国語で書かれています。タイ語まで表示されているのは、珍しいです。
 
vendingmachine01.jpg
 
さらに、各飲み物に英語・中国語・韓国語の説明が加えられていました。
vendingmachine02.jpg
 
ジュースの名前
 
英語の説明を先に考え、それに対応する中国語・韓国語をつけたようです。
個人的にはスプライトとコーラに訳がついていないことに感動を覚えました。もはやスプライトとコーラは世界共通言語なんですね。
 
中国語の訳をネーティブに確認すると、「ファンタ」は当て字で音は全く同じふぁんた」だそうです。
ちなみに、中国ではオレンジ味が主流なのだとか。ミルクティーはまさに牛乳紅茶の訳が当てられているらしく、「びみょう・・・」。
本当は、「奶茶」がいいそうです。
 
高級イメージが売りの「綾鷹」は、「皇帝の緑茶」みたいな訳だそうです。それを考えると、英語では単純に緑茶になっていてちょっともったいない気がします。
「Georgia まろやかミルクのカフェラッテ」の英語は、何故か「Café au lait」と、なぜかフランス語になっていました。
 
「いろはす」「Aquarius」「Qoo」「綾鷹」などは製品名を直訳しても、中身がまったくわからないですし、また自動販売機の小さいスペースに表示するためには、これが正しい選択なのかもしれません。私達が日本から海外に行ったときには、翻訳された製品名よりもその飲み物が何かわかる表示の方が助かりそうですね。
 
日本は自動販売機王国?
日本は自動販売機であふれているということですが、一般社団法人 日本自動販売機工業会の2014年の統計によれば、2014 年末の自販機及び自動サービス機の普及台数は約503 万台ほどです。その半分が飲み物の自動販売機です。
2013年の調査によれば、米国の自動販売機の普及台数は約645万台、これに新聞の自動販売機や乗車券自動販売機を加えると、1000万台を超えるようです。
さらに、ロシア、中欧・東欧やトルコ、中国、東南アジアで今後も設置が加速することが予想されています。
<引用元>
 
今後、海外での自動販売機普及の一番の課題である治安が改善されれば、日本が自動販売機王国と呼ばれなくなる日がくるのかな。
 
いいえ、日本が自動販売機王国と呼ばれる理由は、単なる販売台数ではありません。ひとえに、いろいろな種類の自動販売機があるからだと思います。
 
飲み物以外にもいろいろな商品(米、電池、傘、卵、眼鏡、氷、おでん、釣餌、出汁)が販売され、
だしの自動販売機
 
くじ機能、ルーレット機能、しゃべる機能は当たり前、
当たり付き自動販売機
 
自動販売機の中で実際に調理(うどん、カレー、焼きそば)をするものまであります。
 
調理機能付き自動販売機
 
我々の飽くなき追求があるかぎり、自動販売機王国の座を譲ることはないと信じています。
 
自動販売機王国と呼ばれるには、王様がいるはずですよね。
自動販売機メーカーの社長、それとも販売機を設置しているオーナーかなとも思えますが、
おそらく、自動販売機大好きな私達が「王様」なんじゃないでしょうか。そう思うと、ちょっと自動販売機を見る目も変わりますね。
 
T.K.

カテゴリー:英語ネタ

2015年11月02日(月)

日本の秋祭りを英語で説明する

この記事はK部長が英語で書いたものを、新入社員のCさんが英語を修正したものです(修正反映済み)。
 
Title: Autumn Festivals in Japan
 
In October, there are many autumn festivals in Japan.
Apart from big food festivals sponsored by famous media companies and Halloween events which are becoming popular, many local shrines around the city hold traditional autumn festivals every week.
 
I think preserving the tradition is very important.
However, even Japanese people sometimes forget the right way of visiting shrines for praying. 
It is probably also hard for the foreigners who visit Japan for the first time. 
 
秋祭り
 
However, there are actually only three simple rules for visiting a shrine.
 
1) Do not walk in center of the “参道 (approach path)” from the “Torii (Shrine gate) ”to the “社殿 (shrine pavilions)”
That is because the gods of the shrine pass through the central section.
2) Wash your hands and mouth before reaching the shrine pavilions.
That is because we need to remove the foulness of everyday world.
 
秋祭り

秋祭り
 
Hold the ladle with your right hand and wash your left hand.
Then hold the ladle with your left hand and wash your right hand.
Hold the ladle with your right hand, and pour the water onto your left palm to wash your mouth.
Finally hold the ladle in the vertical position to wash the handle with remaining water.
 
 
3) Bowing twice, clapping twice, and bowing once
Finally, when you stand in front of the “賽銭箱 (offertory box)” to pray, throw a coin into the offertory box. The amount depends on your wishes and wallet condition. But remember it is not always true that “if you pay more, your dreams will come true”.
Then bow twice, clap twice, and bow once.
By doing so, you tell the gods your name, address, appreciation and show them your will to live. You must not request too many things like “I need money, I hope to win the game etc. ”
 
秋祭り
 
Most shrines use these rules, but sometimes there are alternative ways of visiting shrines.
 
For example, the famous "出雲大社 (Izumo-taisha)" use the rule of  "bowing twice, clapping four times, and bowing once".
There is another interesting thing about the 出雲大社.  They use a calendar different from the one used by other shrines for October. 
In the Japanese calendar, October is called "神無月 (kannazuki)" which means that there are no gods in October . But only in the Izumo area, October is called "神在月 (kamiarizuki)". In October, the gods of all shrines around Japan gather in the Izumo area to hold a conference.
 
 
Autumn festivals are events that symbolize the change of seasons.
Let’s prepare for the winter that’s coming.
 
T.K.

カテゴリー:英語ネタ