スタッフブログ

2017年06月15日(木)

パンダフルなお知らせ!(Oh pandaful!)

昨日6月12日、上野動物園のリーリー(力力)とシンシン(真真)に待望の赤ちゃんが誕生したという嬉しいニュースが舞い込んできましたね。実際には、生まれてきてからの方が、押しつぶされないかとか、ほんとうに心配になりますけど。
 
そこで、パンダについて、改めて調べてみると、パンダについてのうんちくが沢山あることに気付きました。すでに知っているよ、という方もいらっしゃるとは思いますが、気になったことを挙げてみましたので、少しおつきあいください。
※はあくまで個人的なツッコミです。
 
  • パンダは、もとはといえば、現在のレッサーパンダのことで、1869年(明治2年)にジャイアントパンダが発見されてからは、レッサーパンダのほうが小さいのでlesser がつけられて区別され、パンダといえば、ジャイアントパンダのことを指すようになった。
    ※ これは英語的な発想で、日本語的な発想では、レッサーパンダのことは、「元祖パンダ」と呼ぶべきではないか。
 
  • ジャイアントパンダの赤ちゃんは体長15㎝、レッサーパンダの赤ちゃんの体長も15㎝。
    ※ この時点だけは、どちらもパンダと呼んでも支障がないじゃないか。
 
  • パンダはレンタル、つがいのレンタル料の平均は1億円/年間。日本には現在9頭(今回誕生を含む)。
    ※ 2017年カープ推定年棒(1億円以上の選手)ジョンソン3.2億、菊池涼介1.45億、丸佳浩1.4億、石原慶幸1.2億、新井貴浩1.1億、エルドレッド1.1億、野村祐輔1.0億、合計額10.45億。わかりやすくなるかと思いカープの選手で例えてみましたが、あまりの低さに逆に落ち込む。
 
  • パンダの寿命は野生が20年、飼育環境では25年~30年。2016年10月16日香港海洋公園で安楽死したジアジア(佳佳)は38歳で人間114歳に相当する(当時世界最高齢)。体調が2週間前から急激に悪化し、エサも食べなくなり、歩けなくなり、1日中寝転んでいたからら判断した。
    ※ 動物は自ら痛いとか、しんどいとか言えないので、人間が推し量るしかないんですよね、ツライです、パンダが好きだから。
 
  • パンダの名前については、ランラン(蘭蘭)、カンカン(康康)のように同じ言葉を繰返すのが一般的で、これは、中国では同じ言葉を繰返すと、日本語の「~ちゃん」というかわいい印象になるからだ。
    ※ ちなみに、テレビの番組のなかで俳優の中尾彬さんは、どのような名前をつけますかという質問に、迷わず「しのしの」と答えたそうです。どんだけ奥さんのことを愛してるんやと思いましたが、期待どおりの回答で安心しました。
 
いまだに赤ちゃんの性別もわかってないですが、今回も名前が一般公募でつけられるみたいです。
パンダの赤ちゃんは、生後90日が命が助かるかの大事な時期だそうで、名前の一般公募は、その後8月から9月ごろ、東京ズーネットから案内があるようです。
 
前回2012年のように6日で急に亡くなることがないように、飼育員さんしっかり見守ってください。
 
今回参考にしたサイト
<ジャイアントパンダ>
<レッサーパンダ>
<パンダの寿命>
 
まだ一度も生でパンダをみたことがないT.K.

カテゴリー:日々のつれづれ

«前の記事へ一覧次の記事へ»