スタッフブログ

Blog

2018.02.05

日中翻訳の意外な落とし穴(慣用表現編)

翻訳の仕事

日本語では、空調は吹出口から空気を吹き出し、吸込口から空気を吸い込むと表現します。

以前にも書いたように、日本語の漢字をできる限り訳に持ってくるのが日中翻訳の主流であるため、この「吹出口/吸込口」も基本的にそのまま「吹出口/吸入口」と訳されています。

そういう呼び方は聞いたことがないと思って調べたら、どうやら中国語では「送风口/回风口」(送風口/回風口)と呼ばれているようです。「吹出口/吸込口」は日本語では慣れ親しんだ表現だと思いますが、生粋な中国語表現ではありません。「吹出口/吸込口」は技術用語というよりは慣用表現に近いです。そのためか、この類の表現は、日中辞典によっては載っていなかったり、載っていても辞書によって違ったり実際にその分野の技術文章に使われていなかったりすることもあるため、上記のように一般的に既に定着した呼称とは別の表現を作り出さないようにする注意が必要です。

用語の調べ方についてはここに収まりきらないほどネタがあるので、また次回以降書きたいと思います。

翻訳時に注意が必要な慣用表現は他にもたくさんあります。当たり前のことですが、文化や習慣、感性の違いから、国によって表現の仕方などが違ったりします。

例えば、人民元20元紙幣の色を茶色と表現する明細書があって、それをそのまま「茶色」と中国語に訳した人がいます。しかし、人民元の色について中国では「茶色」とは別の既に定着した呼び方がありました。それは「棕色」(ブラウン)です。もちろん「茶色」でも間違いとはいえませんが、中国語としてはいささか不適切です。

また、一般翻訳の話になりますが、例えば、「xxポテトチップス 塩味」の「塩味」をそのまま「盐味」(塩味)と訳したらどういう印象を与えると思いますか?
日本では馴染み深いネーミングですが、中国ではそのネーミングはありません。どのフレーバーにも塩は入っているはずだから、塩味といわれてもピンとこないので、普通「原味」(プレーン味)といいます。ちなみに、中国の場合、とにかく名前を一捻り、二捻りしたほうがおいしく感じるので(フレーバーの種類も日本より豊富)、例えば、「泰式咖喱蟹味」(タイ風蟹カレー味)、「清爽酸奶味」(さっぱりヨーグルト味)、「香脆烤鸡翅味」(香ばしくてサクサクの手羽焼き味)のようなネーミングが一般的です。

また、例えば、日本でキャッチフレーズとして「愛され続けて○十年。」という決まり文句がよく用いられますが、中国では全く馴染みのない表現です。そのまま訳しても、キョトンとさせるだけです。ここは、うちの商品は○十年も売れ続けるほどの人気商品ですとはっきりさせたほうが、観光客にもその言わんとすることが伝わるのでしょう。

以上のような慣用表現は、文字通り翻訳しても間違いにはなりませんから、本当はどう訳そうと翻訳者の自由です。ただ、さじ加減一つで、違和感が生じたり、伝わりにくくなったりする可能性があることも忘れないでほしいです。

2015.12.01

翻訳者は目が命

翻訳の仕事

最近のCMで取り上げられている数字から考えたこと。
 
CMでも取り上げている平成24年版情報通信白書(総務省)のデータでは
日本人のパソコン・スマートフォンなどの平均的な使用時間は、1日118分」だそうです。
 
がしかし、私達翻訳者はこの数字を見て、正直、そんなことはないと思ってしまいました。
 
おそらく、1日平均8時間、PCのディスプレイを見ているはずです。
 
VDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドラインで示された
一連続作業時間が1時間を超えないようにし、次の連続作業までの間に10分~15分の作業休止時間を設け、かつ、一連続作業時間内において1回~2回程度の小休止を設けること」を忠実に守り、1時間毎に10分休止時間を設けたとしても、400分はPCを見ています。
さらに、個人的にスマホ・PCを使用することも考えれば、さらに100分ぐらい増えるのではと考えます。1日500分(8.3時間)ですね。
 
この業界に入って、目が良くなったという話は聞いたことがないので、これは、ほうってはおけない問題ではないかと思います。
 
過去には、ブラウン管テレビから出る電磁波の影響が話題になった時期もありましたが、液晶画面が主流になった今は、それよりもブルーライトの影響の方が重要になってきたようです。
 
ブルーライトの影響
 
また、様々な照明がLED化されたことも目に刺激を与える要因のひとつとして挙げられています。
そう言えば、クルマもLEDライトが主流になってきて、確かに明るいし省エネにも優れていますが、真正面からあの光を受けたときに、すごい眩しさを感じた経験がある方が多いのではないでしょうか。目に刺さる感が半端ないですよね。
 
ブルーライトによる様々な影響があるとされていますが、個人差もあり、どこまでが直接の影響かを見極めるのは難しいと思います。
これだけ、話題になっているからには、なんらかの影響があってもおかしくないはずです。個人的に出来ることから対策を実施していくのが良いのではないでしょうか?
 
例えば
10分の休止は無理でも、3分間から始める
ちょっとだけ机から離れてストレッチする
昼休憩時はPC・スマホを見ない
ちょっと費用がかかりますが
ブルーライトカットメガネをかける
ブルーライトカットフィルムを付ける
ブルーベリーを食べる
などです。
 
かつて、「芸能人は歯が命」(死語)というフレーズがありましたが、やはり「翻訳者は目が命」ですね。歯は上下で32本ありますが、目は2つしかありませんから、大事にしてあげないと。
 
T.K.
2015.09.01

きっかけは、NHK (Just like before)

翻訳の仕事

英会話を習うきっかけ、方法は人さまざまです。
 
いまでは、CD、DVD、インターネット、スマホ・アプリなど多種多様の教材・メディアが利用できますが、30年以上前は、教材といえばカセットテープが主流。
しかも価格も高く、さらに「本通り」などで教材勧誘に引っかかるリスクもあり、結局ボンビー学生にとっては、NHKの教育放送プログラムを利用するのが一番の方法でした。
 
当時、私のお気に入りは、東後勝明先生(現 早稲田大学名誉教授)が講師をされたNHKラジオ「英語会話」です。
約2年間、毎朝7時前に起きて、放送をカセットテープに録音し、繰り返し聴くのが日課でした。
録音したカセットテープは、数十本はあったと思います。カセットテープの時代は終わったと感じたある時期に処分してしまって、今はありません。
 
ある日、ふとあの声が懐かしくなり、ネットで検索してみました。
すると、数は少ないですが、東後先生の過去の放送がアップされていました。
 
※「東後勝明先生 最終回 NHKラジオ英語会話」で検索してみてください。
 
毎週土曜日のゲストを迎えてのコーヒーブレーク(楽しいおしゃべり)です。しかも最終回の録音です。
 
なんて説明したらよいか?
 
あの頃、好きで聴いていた洋楽・洋画、FEN(岩国放送)のネーティブの発音は、癖がありすぎて、非常に聴きづらい。つまり、個々の単語がうまく聴き取れないので、頭のなかで文を解析できていないという状況でしょうか。
 
しかし、東後先生のクリアな英語を聴き始めてからは、自分のヒアリング力が上がったような錯覚に陥りました。声もとても良いですし、話すスピードもそんなに早くないというのもあります。
 
「聴く→解る→聴く→解る」の繰り返しをしているうちに、どんどん好きになっていったのかもしれません。
 
今でも、思い出すのは、コーヒーブレークのゲストに、これまた尊敬してやまないDJ小林克也さんが出演されたときのことです。
ここで、はじめてシャドーイングという手法があることを知りました。聴き取った英語を小声で繰り返して発音する練習方法です。また、大学生の時に通訳ガイドの試験をパスした彼は、外国人観光客に、バスの車窓から見える知らない建物について尋ねられたときなどには、“That is a famous museum”と説明して適当にあしらっていたとか、日本に来た外国人が満員電車から降りようとしたときに、「降ろしてください」を「KOROSITE KUDASAI」と間違ったエピソードも印象に残っています。
 
小林克也さんも留学経験がないのに、独自のスタイルで英語力を高めたという点では、東後先生と共通していますね。
 
もう一人、忘れてはならないのが、マイケルJリトルモア先生です。彼も一時期、NHKラジオ「英語会話」にも外国人講師として東後さんと出演されていました。(昭和55(1980)年9月~昭和58(1983)年3月31日まで)
その後は、広島修道大学経済科学部の教授(昭和58(1983)年4月から平成25(2013)年3月31日、定年退職、英国に戻る。)として活躍しておられました。久しぶりにマイケルJリトルモアさんの声も聴きたいと思っていたところ、貴重な情報を入手しました。
 
「あの有名なCMを歌っていたのは、マイケル先生なんだよ」って。
 
※「己斐オートバイセンター CM」で検索してみてください。
 
英語とはまったく関係ないですが、広島人なら誰でも知っている懐かCMです。
 
AIBSの社員のなかにも、大学で長きに渡り教鞭をとられていた東後先生や、マイケル先生の授業を直接受講した経験のある方もいるみたいですよ。
 
語学の道は一歩から、
でもその一歩でつまずかないためには、素晴らしい師匠との出会いが大切だと思います。
 
かつて私の知人は、「Carpenters の Karen Carpenter が英語の師匠なんです。」 と語っていましたが、たしかに誰にもわかりやすい綺麗な発音ですね。
 
※しつこいですが、「The Carpenters」で検索してみてください。
 
ちなみに、みなさんの師匠は誰でしょう。
師匠に出会った当時を振り返って、初心を取り戻すのもいいかもしれませんね。
(♪♪~ Just like before ~ ♪♪)
 
T.K.
2015.03.30

特許翻訳研修会2015②③&特許翻訳スクール受講締め切りまであと一週間!!

翻訳の仕事

先日第一回の模様をお知らせした2015年の特許翻訳集合研修会、無事に東京にて第二回、広島にて第三回が終了しました(2015年のトピック等はこちら)。

 

実際の光学部品も見てもらいながら技術情報に触れていただきました。

2-1.jpg

 

他トピックの「技術的に正確か」「発明の肝」「お客様からの評価」という点も盛り込みながら翻訳後のリライト作業についてお話しました。

2-2.jpg

 

改めまして、ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!

3回目ということもあってか、前回・前々回よりもご発言やパートナー様同士での交流も盛んになっていると感じ、とても嬉しかったです。

 

広島の回ではスクール修了生の方々が多く、修了後も皆さん翻訳者・チェッカーとして意識・能力を向上させていると感じました。

ご経験豊富な方とお仕事できるのと同様、とても心強く思っております。

 

その特許翻訳スクールですが、2015年4月コースの受講申し込み締め切り(4月3日(金))まであと一週間となりました!!

既にご経験がおありの方も未経験の方も、特許翻訳にご興味がおありの広島近辺の方、この春にスクールに通ってみるのはいかがでしょうか。(詳細はこちらをご確認ください)。

講師・スタッフ一同お一人でも多くの受講生・将来のパートナー様のお申込みをお待ちしております。

 

 

追伸:「び」チョコ、無事に獲得しました!「貰えるといいね」と言ってくださった方々、ありがとうございました。匿名ブロガー、正体バレバレですね^^;

2015.03.02

特許翻訳研修会2015

翻訳の仕事

特許翻訳集合研修会の2015年第一回を行いました。

 

日頃お世話になっている翻訳者さん・チェッカーさんにお集まりいただき、

その一年を通しての動きや新たに話題にのぼった英語表現や知財・技術内容をお伝えしようと、

一昨年から恒例にしております。(昨年の様子はこちら

 

2015年のトピックはこちら。

 

1.お客さまの話・アビリティの話(S)

2.液晶プロジェクターの仕組みと注意したい表現(O)

3.英訳文リライトレッスン(N)

4.知財部から見た特許翻訳(Y)

 

1.jpg

 

2013年は2人、2014年は3人だったスピーカーが今年は4人、トピックも多岐にわたっておりましたが、

皆さん熱心に耳を傾けてくださり貴重なご意見もいただき、とても実りあるものとなりました。

 

第1回にご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!!

第2回、第3回にご参加予定の皆さま、お待ちしております!!

 

第2回、第3回でよりたくさんのご意見が伺えるよう、

そして来年の研修ではより多くの方にお会いできるよう引き続き準備していきたいと思います。

 

おまけ

 

第1回がバレンタインデーということもあって、お越しくださいました皆さまに、

ささやかながら「アビチョコ」をご用意いたしました。

 

2.jpg

 

受付ではこの子たちがお出迎え。

 

3.jpg

 

全3回が無事に終了したら特許翻訳チーム10名で一つずつ頂く予定です。

私は「び」を狙っています。