スタッフブログ

Blog

2018.03.15

ベストセラーランキングに見る広島の地元愛

日々のつれづれ

毎週日曜日に地元新聞に発表されるベストセラーランキングが興味深い。
というのも、広島と東京で売れている書籍がこれほどまでに違うのかという週があるんです。
たとえば、3月のとある週のランキング

広島

順位 タイトル 著者 ジャンル
1 勉強 秋山夕日 教育
2 漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎、羽賀翔一 哲学
3 おらおらでひとりいぐも 若竹千佐子 小説
4 広島電鉄殺人事件 西村京太郎 小説
5 ブラッド・エルドレッド 広島を愛し、広島に愛された男 ブラッド・エルドレッド エッセイ
6 炎と怒り トランプ政権の内幕 マイケル・ウォルフ 政治
7 大人の語彙力ノート 齋藤 孝 ビジネス
8 君たちはどう生きるか 吉野源三郎 哲学
9 天風録書き写しノート 中国新聞社 地元
10 未来の年表 河合雅司 ビジネス

東京

順位 タイトル 著者 ジャンル
1 会社を絶対にダメにしない社長の"超"鉄則 小山昇 マネジメント
2 Clarity 石橋杏奈写真集 光文社 写真集
3 残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方 江上治 ビジネス
4 できる大人の9割がやっている得する睡眠法 小林 瑞穂、森下 えみこ 健康
5 お金2.0 新しい経済のルールと生き方 佐藤航陽 ビジネス
6 週イチ・30分の習慣でよみがえる職場 重光 直之、片岡 裕司、小森谷 浩志 マネジメント
7 ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎 マネジメント
8 図解環境ISO対応まるごとわかる環境 見目 善弘 ビジネス
9 炎と怒り トランプ政権の内幕 マイケル・ウォルフ 政治
10 すごい共感マネジメント 中田 仁之 マネジメント

引用元:中国新聞3月4日朝刊より

なんと、共通のタイトルは『炎と怒り トランプ政権の内幕』だけで、あとはまったく違っています。

傾向として、広島は地元愛にあふれ、東京はマネジメントやビジネス書が人気というのがはっきりと分かります。東京で流行ったものが、広島では時間差で流行することはよくありますが、逆はなさそうです。おそらく広島電鉄殺人事件が東京のランキングに入ることはないでしょう。

最近は、本屋に出向かなくても、インターネットで検索すれば、チラ見できたり、購入しなくてもカスタマーレビューで大体の内容が把握できてしまう時代です。
ですが、書店に出向いてページをめくって、よしこれにしようと決めて購入する。そういう時間が本当は大切なのではなかろうかと思うのです。

そんな私はこのランキングにつられ、さっそく書店に行き、『広島電鉄殺人事件』を購入しました。
日頃利用している路線でもあり、絶対にありえないだろうというツッコミどころ満載でついつい時間を忘れて、一日で読み終えてしまいました。

秋の夜長に読書と言われますが、春は本を片手に外に出て列車に揺られながら読書するというのも違った雰囲気を楽しめるかもしれませんね。

私が、次に狙っているのは、『ブラッド・エルドレッド 広島を愛し、広島に愛された男』です。

T. K.