スタッフブログ

Blog

2019.02.22

翻訳スクール受講のお申し込みをお待ちしています

オフィス便り

まだまだ寒いですが、平成最後の2月ももう終わろうとしています。

季節は確実に春に向かっているはずです(個人的希望)。

春と言えば新年度。AIBS翻訳スクールも春期コースが始まります。

今回は、当社の誇る(?)翻訳スクールについて簡単にご紹介させていただきます。

ある社員の突然の思いつきにより...、というのは冗談ですが、このスクールは当社が抱える課題を改善する目的で開校されました。それは何かお分かりでしょうか。ずばり「翻訳者不足」です。産業翻訳業界は常にこの問題に悩まされています。お仕事はたくさんあっても、それをこなせる人材がいなければ業績拡大もできません。その一方で、翻訳とは誰でもできる仕事でもありません。

このブログでも何度か語られているとおり、翻訳には外国語の能力だけでなく、日本語の能力やさまざまな分野の知識が求められます。しかし、優秀な翻訳者に一朝一夕でなれるものではありません。自力でのスキルアップにも限界があります。

そこで当社は考えました。ならば自分たちで人材を育成し、翻訳業務に協力してもらえたら理想的ではないかと。同時に、翻訳に興味があっても仕事にする方法が分からないという方を発掘することもできるのではないかと。

こうした目的の下、社員一丸となって準備のために西に東に奔走し...(中略)、2007年7月に開講を迎えました。

これまで多くの方に受講いただき、実際にプロの翻訳者として活躍される方も現れ、少しずつですが実績を上げています。未経験の方が全12回の講義を終えてすぐにバリバリのプロ翻訳者になるのは難しいですが、将来的なキャリアアップにつなげていただければと考えています。

この春も、「翻訳実践コース」が4月13日(土)から始まる予定です。現役のプロ翻訳者が実践に即したカリキュラムで翻訳者のABCをお教えします。スクールの詳細は、当社ウェブページでご確認ください。

また、3月16日(土)には体験講座も開催します。

受講生のほとんどは翻訳未経験者の方です。これまで「体験はできないのですか?」「見学したいのですが」というお問い合わせが多々あったものの、なかなかご要望にお応えできていませんでした。お仕事で平日の個別説明会には来られないという方は、待望の体験講座にぜひ参加してみてください。

お問い合わせ・お申し込みは、専用フォームで承っております。お気軽にご連絡ください。

AIBS翻訳スクールのページはコチラ→http://www.a-ibs.com/school/

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。そして、早く暖かくなりますように・・・

2015.03.30

特許翻訳研修会2015②③&特許翻訳スクール受講締め切りまであと一週間!!

オフィス便り

先日第一回の模様をお知らせした2015年の特許翻訳集合研修会、無事に東京にて第二回、広島にて第三回が終了しました(2015年のトピック等はこちら)。

 

実際の光学部品も見てもらいながら技術情報に触れていただきました。

2-1.jpg

 

他トピックの「技術的に正確か」「発明の肝」「お客様からの評価」という点も盛り込みながら翻訳後のリライト作業についてお話しました。

2-2.jpg

 

改めまして、ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!

3回目ということもあってか、前回・前々回よりもご発言やパートナー様同士での交流も盛んになっていると感じ、とても嬉しかったです。

 

広島の回ではスクール修了生の方々が多く、修了後も皆さん翻訳者・チェッカーとして意識・能力を向上させていると感じました。

ご経験豊富な方とお仕事できるのと同様、とても心強く思っております。

 

その特許翻訳スクールですが、2015年4月コースの受講申し込み締め切り(4月3日(金))まであと一週間となりました!!

既にご経験がおありの方も未経験の方も、特許翻訳にご興味がおありの広島近辺の方、この春にスクールに通ってみるのはいかがでしょうか。(詳細はこちらをご確認ください)。

講師・スタッフ一同お一人でも多くの受講生・将来のパートナー様のお申込みをお待ちしております。

 

 

追伸:「び」チョコ、無事に獲得しました!「貰えるといいね」と言ってくださった方々、ありがとうございました。匿名ブロガー、正体バレバレですね^^;

2015.03.02

特許翻訳研修会2015

オフィス便り

特許翻訳集合研修会の2015年第一回を行いました。

 

日頃お世話になっている翻訳者さん・チェッカーさんにお集まりいただき、

その一年を通しての動きや新たに話題にのぼった英語表現や知財・技術内容をお伝えしようと、

一昨年から恒例にしております。(昨年の様子はこちら

 

2015年のトピックはこちら。

 

1.お客さまの話・アビリティの話(S)

2.液晶プロジェクターの仕組みと注意したい表現(O)

3.英訳文リライトレッスン(N)

4.知財部から見た特許翻訳(Y)

 

1.jpg

 

2013年は2人、2014年は3人だったスピーカーが今年は4人、トピックも多岐にわたっておりましたが、

皆さん熱心に耳を傾けてくださり貴重なご意見もいただき、とても実りあるものとなりました。

 

第1回にご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!!

第2回、第3回にご参加予定の皆さま、お待ちしております!!

 

第2回、第3回でよりたくさんのご意見が伺えるよう、

そして来年の研修ではより多くの方にお会いできるよう引き続き準備していきたいと思います。

 

おまけ

 

第1回がバレンタインデーということもあって、お越しくださいました皆さまに、

ささやかながら「アビチョコ」をご用意いたしました。

 

2.jpg

 

受付ではこの子たちがお出迎え。

 

3.jpg

 

全3回が無事に終了したら特許翻訳チーム10名で一つずつ頂く予定です。

私は「び」を狙っています。

2014.12.08

いまだ現役。ものは大切に!ついでに歯も大切に!

オフィス便り

仕事の主役はパソコンになりましたが、今回は、長年(20年以上)私のデスク周りにいる名脇役たちを紹介したいと思います。
 
大事なモノ
 
パンチ、はさみ、テープカッター、ホッチキス、ホッチキスリムーバー、カッター、データ印、スタンプ台、書類ケース、うちわ
 
ちなみに、これなんだか分かります?
 
ステープルリムーバー
 
 
ホッチキス(元々は商品名ですが、現在は普通名称化されています)の針を取外すもので、“Staple Remover” と呼ばれるものです。アメリカ出張者からのお土産でした。
せっかくのお土産だし、アメリカンで怪獣っぽいデザインも、なかなか捨てられない理由です。
 
実際には、これを使用して針をとると、紙が傷んでしまうし、ホッチキスの後ろの突起を使用したほうが簡単に取れるんです。
 
ホッチキス
 
 
これらの脇役がすべて全員に支給されるのではなく、テープカッター、ホッチキス、パンチなどは何人かで共有していました。
 
 
なので、このように、クルクル回るタイプのテープカッターが大活躍しました。
 
回転式セロテープカッター
 
同僚の娘さんが中学のときに作成したテープカッターも未だに活躍しています。
 
自作テープカッター
 
 
これらは、入社してから、幾度となく席替え、引越しや組織変更を経た今も、捨てられずに、私にくっついてきた脇役たちです。
 
会社が大きくなるにつれ、きれいなオフィスには似合わないという理由で処分された物には、机(木目・グレー系)、ビニール椅子※1、ロッカー、デスクマット、など数多くあります。
 
事務椅子
 
※1 ビニール椅子には座布団が必須です。
 
そんななか、これらの脇役たちは、ひそかに潜伏を続け、いまだに生き延びています。
なんせ、砂消しゴムを購入するにも稟議書を書いていた時代ですから、その頃、手にしたものにはすごく愛着があるんです。
 
 
いまや、オフィスの主役として君臨するパソコン、ソフトウエアですが、この25年間で、どれだけ入れ替わったことでしょう?
NEC9801からスタートし、Mac、Windows95, 98, NT, 2000, ME, XP, Vista, 7、OSのバージョンにいたっては、1年も持たないものもあります。
 
そのなかで、唯一、生き延びたパソコンがこれ、Macintosh ClassicIIです。
 
Macintosh ClassicII
 
 
といっても、電源を入れることもなく、ただオブジェとして、置いてあるだけですが、オフィスを訪ねてこられた方から、「おー懐かしいのー」と声をかけられていきます。
 
なんだか、自分に照らし合わせて、感慨ひとしおな瞬間です。
 
今は、ネットで文房具を頼めば明日には届く便利なサービスがありますが、昔と同様に不必要なものは購入しない、購入したものは使い切る、ものを大切にする心を忘れないでください。
 
いつか、あなたの周りにかけがえのない名脇役達がいるはずです。
 
T.K.
2014.12.03

クリスマスデコオフィス2014

オフィス便り

先日、AIBS広島本社恒例のクリスマスツリー点灯式を行いました。

xmastree201401.jpg

忘年会の豪華景品が置いてあります。

 

今年のクリスマスツリーは、アビリティの誇るエレクトロトランスレーターH(入社2年目)による、自作の三色LEDクリスマスライトでパワーアップしました。

LEDクリスマスツリー赤緑 LEDクリスマスツリー青 LEDクリスマスツリーピンク

三色LEDを使っているので、どんな色でも出せます。色だけでなく、イルミネーションのパターンも自由自在です。

しかも、センサーが付いていて、クリスマスツリーの前を人が通ると光が変化するすぐれもの。

オフィスが一気にクリスマスっぽくなり、師走のバタバタする時期でも心が癒されます。

 

私の机もクリスマスらしく、お菓子を置いてみました。

クリスマスお菓子詰め合わせ

これ、先日のドイツ隊がお土産にくれたビールジョッキ(1L)です。

ホーフブロイハウス ビアジョッキ