スタッフブログ

Blog

2018.02.05

日中翻訳の意外な落とし穴(慣用表現編)

翻訳の仕事

日本語では、空調は吹出口から空気を吹き出し、吸込口から空気を吸い込むと表現します。

以前にも書いたように、日本語の漢字をできる限り訳に持ってくるのが日中翻訳の主流であるため、この「吹出口/吸込口」も基本的にそのまま「吹出口/吸入口」と訳されています。

そういう呼び方は聞いたことがないと思って調べたら、どうやら中国語では「送风口/回风口」(送風口/回風口)と呼ばれているようです。「吹出口/吸込口」は日本語では慣れ親しんだ表現だと思いますが、生粋な中国語表現ではありません。「吹出口/吸込口」は技術用語というよりは慣用表現に近いです。そのためか、この類の表現は、日中辞典によっては載っていなかったり、載っていても辞書によって違ったり実際にその分野の技術文章に使われていなかったりすることもあるため、上記のように一般的に既に定着した呼称とは別の表現を作り出さないようにする注意が必要です。

用語の調べ方についてはここに収まりきらないほどネタがあるので、また次回以降書きたいと思います。

翻訳時に注意が必要な慣用表現は他にもたくさんあります。当たり前のことですが、文化や習慣、感性の違いから、国によって表現の仕方などが違ったりします。

例えば、人民元20元紙幣の色を茶色と表現する明細書があって、それをそのまま「茶色」と中国語に訳した人がいます。しかし、人民元の色について中国では「茶色」とは別の既に定着した呼び方がありました。それは「棕色」(ブラウン)です。もちろん「茶色」でも間違いとはいえませんが、中国語としてはいささか不適切です。

また、一般翻訳の話になりますが、例えば、「xxポテトチップス 塩味」の「塩味」をそのまま「盐味」(塩味)と訳したらどういう印象を与えると思いますか?
日本では馴染み深いネーミングですが、中国ではそのネーミングはありません。どのフレーバーにも塩は入っているはずだから、塩味といわれてもピンとこないので、普通「原味」(プレーン味)といいます。ちなみに、中国の場合、とにかく名前を一捻り、二捻りしたほうがおいしく感じるので(フレーバーの種類も日本より豊富)、例えば、「泰式咖喱蟹味」(タイ風蟹カレー味)、「清爽酸奶味」(さっぱりヨーグルト味)、「香脆烤鸡翅味」(香ばしくてサクサクの手羽焼き味)のようなネーミングが一般的です。

また、例えば、日本でキャッチフレーズとして「愛され続けて○十年。」という決まり文句がよく用いられますが、中国では全く馴染みのない表現です。そのまま訳しても、キョトンとさせるだけです。ここは、うちの商品は○十年も売れ続けるほどの人気商品ですとはっきりさせたほうが、観光客にもその言わんとすることが伝わるのでしょう。

以上のような慣用表現は、文字通り翻訳しても間違いにはなりませんから、本当はどう訳そうと翻訳者の自由です。ただ、さじ加減一つで、違和感が生じたり、伝わりにくくなったりする可能性があることも忘れないでほしいです。

2018.01.19

インバウンドブーム

英語ネタ

ますます増える外国人旅行客。東京、京都はもう当たり前のことで慣れっこなんでしょうね。

ここ広島でも2016年にオバマ氏が来広して以来、街のなかでリュックを背負ったり、かなり遠い距離でもスーツケースをゴロゴロとひきずって歩いていたり、レンタルサイクルで移動したり、ここで写真とるの?みたいな光景を当たり前のように見るようになりました。

日本政府観光局(JNTO)の発表によると、2017年に日本を訪れた外国人観光客は2,869万人です。2016年の24,039,700人から19.3%増でもちろん過去最高です。

たくさんの観光客が日本を訪れて、景気が良くなることは大変すばらしいことで、AIBSも3年ぐらい前からインバウンド関連の仕事が増えています。これまで日本語と英語で十分とされていたWebサイト、観光パンフレット、案内板、フロアガイド、Webアプリ、乗り換え案内、避難経路図、ドライブマップの多言語化のお仕事が増えています。

ありがとうございます。

ところでこのインバウンド(inbound)という単語、翻訳する際には注意が必要です。

Oxford dictionaryでinboundを引くと、
inbound
ADJECTIVE & ADVERB
Travelling towards a particular place, especially when returning to the original point of departure.
(特定の場所に向かって移動する、とくに元の出発地点にもどる。)
と定義されています。
出典:https://en.oxforddictionaries.com/definition/inbound

どこにも名詞的に変化した「外国人旅行客対応」の意味はありません。

なのでインバウンドビジネスという日本語を英語にしたとき、"inbound business" としてしまうと、いったい何のことやらとうことになりかねません。

元は旅行業界で "inbound tourism"と呼ばれていたものが、"tourism"が略されて"inbound"だけが残っていまに至ったということです。なんでも略してしまう日本語特有の罠ですね。

インバウンドはインバウンドツーリズムが略されて一人歩きし始めた和製英語で、英語にするときは"tourism"を追加して訳せば良いことがわかり、ちょっとすっきりできました。ここはしっかりと押さえておきたいところです。

昔もあったバウンドブーム

グループサウンズのザ・タイガースの曲に「シーサイド・バウンド」というのがありまして、これも英語的にはおかしけど、乗りだけはよかったな。♪♪
https://www.joysound.com/web/search/song/716
バウンドという言葉には、どうやら弾けたいという願いがこめられているみたいです。

ちなみにシーサイド・バウンドの作曲者は、あの「ドラクエ」の曲を作っているすぎやまこういちさんです。

T.K.

2017.12.08

日中翻訳の意外な落とし穴

日中特許翻訳

前回から少し時間が空きましたが、今回は日中翻訳に潜む落とし穴について書きます。

明細書を翻訳するとき、日本語の本来の意味からかけ離れた使い方をされている用語をよく見ます。

例えば、「一致」という言葉。
広辞苑によると、
1.二つ以上のものがくいちがいなく一つになること。合一。(意見が~する。言行~。~点。)
2.心を同じくすること。合同すうこと。(一致団結)
3.一般普通の常識。
ですが、実際に上記の解釈では説明がつかないようなケースも多いです。

例えば、
① 部材Aの軸心と部材Bの中心軸が一致する。
これはまだ二つのものが一つになると解釈できるもので、「重なる」意味です。

② 長方形A、Bが上下に(短辺方向)並ぶように配置されており、Aの右側の短辺とBの左側の短辺が一致している。
どう考えても二つの短辺が一つになることはなさそうですが、図面で確認すると、AがBの左側に位置し、Aの右側の短辺とBの左側の短辺が上下に揃えていることでした。

③ 長方形A、Bが上下に(短辺方向)並ぶように配置されており、Aの右側の短辺とBの右側の短辺が一致している。
②とほぼ同じ文章ですが、図面で確認すると、AとBがいわゆる右揃えになっていました。

④○○形状の稜線が、××の軸心に一致する
担当技術者に確認したら、稜線と軸心は交点があるということでした。目から鱗です・・・

本来の意味と違う使い方をされると翻訳するときに困るのは当然ですが、さらに困るのが「一致」という言葉は中国語にもあることです。

新華字典(中国で最も権威のある字典)によると、
icchi.png
※①分岐がないこと。(意見が~する。歩調が~する。)②一緒に。一斉に。(~して外敵に立ち向かう。)
となっていて、日本語の「一致」の本来の意味に極めて近いです。

日本語が本来の意味に沿った使い方であれば、中国語にそのまま持ってきても通じるでしょう。問題なのは例のような独自の解釈の場合です。
同じ日本語を母語とする技術者同士なら、言葉は何であれ、阿吽の呼吸で意思疎通できる節がありますが、それを「忠実に」中国語に訳されると、中国語を母語とする技術者にとって、本来万国共通の技術内容でも、その独特な言葉チョイスで疑問が生じたりする可能性が高いです。
日英翻訳の場合、漢字をそのまま英語に持ってくることができないので、日本語の意味を考えてから訳語を選ばなれけばなりません。一方、日中翻訳の場合、漢字をそのまま中国語に持ってくることができるから、意味を考えなくても訳文が作れるわけです。その点で考えると、日中翻訳のほうが実は落とし穴が多いのです。
そのため、日中翻訳の際に、言葉の見た目に惑わされず、常に本当は何を言いたいかを念頭に置いて、それを的確に表現できるような言葉選びをすることが非常に大事だと思います。

s

2017.10.30

原文に忠実とは(日中特許翻訳の場合)

日中特許翻訳

はじめましてこんにちは。

一般・技術翻訳を経て、現在主に日中特許翻訳をしているSです。今日から、自分が翻訳や言語について日々思うことを綴っていきたいと思います。

まず、日中翻訳業界全体の現状として、日本語の漢字、文の態、構文までそのまま中国語に持ってくるという、極端なまで「忠実」を重視する風潮があります。

どういうことかというと、例えば、「真円」という言葉があって、それをそのまま「真圆」に訳された(というか、簡体字に直されただけ)訳文が実際にあります。完璧に「忠実」しているように見えますが、中国語ネイティブとしては、「真圆」からだと、「本物の円」あるいは「実に丸い」の2パターンのイメージしか湧きません。「真円」を本当に意味する中国語は、「正圆」です。

また、たとえば「紙幣の存在を検知するセンサ」のような表現が明細書によく出てきます。
そのまま中国語に訳すと、「存在するかどうか分からないという不確定な事実を確定させるためのセンサが、紙幣が存在しているという確定事実を検知する」と矛盾している文になってしまいます。字面通りではなく、「紙幣の有無を検知するセンサ」として訳出すれば正しく伝わりますが、多くの翻訳者は字面通りに翻訳しています。

この風潮は、日中両言語の特徴に対する理解不足以外に、一般的に、お客様は中国語が分からないため、逆翻訳などで訳文をチェックすることとも大きく関係していると思います。逆翻訳では、もちろん中国語としての良し悪しはチェック対象にならず、一字一句が原文に「忠実」しているかのみがチェックされるから、原文に一番翻訳されやすい中国語、極端な話、日本語のような中国語が望まれているわけです。

「正圆」は用語範疇の話だから比較的に理解されやすいのですが、「有無」の場合、原文にないのに「有無」と訳すのは不忠実だと指摘される可能性があります。だからこそ、多くの翻訳者は字面通りの訳を選んでいるのでしょう。

しかし、漢字を使う点で共通しているとはいえ、中国語は語順一つでも日本語と大きく異なる別言語です。構造や見た目で原文を再現できても、原文の意味を忠実に伝えられないようでは、これこそ本末転倒な気がしてなりません。

実際に日英翻訳の場合、直訳しすぎず英語ネイティブが分かりやすいように自然な英語表現を意識することが既に一般的になっているようです。中国語は英語ほどお客様が分からないというハンデがある以上、現状を打破するために、やはり翻訳者の一人一人から許される範囲で少しずつこういう意識をもって翻訳していく必要があります。そうすれば、いつか日中翻訳業界でもこれが常識となり、訳文品質の飛躍的な向上も期待できるに違いありません。

2017.09.04

青春18きっぷ紀行(其の二)

日々のつれづれ

滝部駅で降りると、駅前にしっかりと、目的地行きのバスが停まっています。
訪れてみたかった場所とは、コバルトブルーで有名な角島(つのしま)です。
このバスは滝部駅から角島を一周して、もどってくる循環ルートを走行しています。そのまま乗車したままでも問題ないようです。
約1時間30分、1240円。
seishun_2_1.jpg
島に近づくころには、天気も良くなり、期待していたとおりの海の色(コバルトブルー)が現れました。
seishun_2_2.jpg
島の紹介記事などではエメラルドグリーンとも言われていますが、どちらかと言えばコバルトブルーに近かったようです。天候にも左右されるみたいです。
エメラルドグリーンの瀬戸内海を見慣れた者には、この色は新鮮でした。
seishun_2_3.jpg
結局、島でバスを降りることなく、乗ったまま絶景を堪能し、終点の滝部駅の一つ前の特牛駅で降ります。
seishun_2_4.jpg
ここは、無人駅です。木製の改札もそのまま残されています。映画「四日間の奇蹟」2005年(東映)のロケ地にもなっていたようです。
seishun_2_5.jpg
 
「こういう駅には、ネコ駅長がいる」あるあるもしっかりとありました。
seishun_2_6.jpg
 
架線がない駅の風景、やはり絵になります。
seishun_2_7.jpg
 
難読地名にもあげられる、この駅名、吉野家のメニューのようですが、さて、なんと読むでしょう。
seishun_2_8.jpg
普通に読めば「とくぎゅう、とくうし」ですが、正解は「こっとい」、どうしてなのかはわかりません。下関駅で駅員さんに「とくぎゅう」に行けますかと、尋ねたら、しっかり「こっとい」ですねと、自動変換してくれました。
seishun_2_9.jpg
 
あとは、もと来た経路をひたすらもどるだけです。
 
 
 
青春18きっぷ紀行(番外編)
 
3時間かけて、もどってきました。その日は宮島花火大会が開催されていました。青春18きっぷは宮島航路も乗船できるとのことで、宮島口で途中下車、島に渡ることにしました。花火が打ちあがるのは19時40分なので、それから逆算して19時ぐらいのフェリーに乗ります。
桟橋には、カップル、家族連れ、浴衣姿の娘さんや外国人観光客が大勢集まっていました。
seishun_2_10.jpg
 
宮島までの航路は、花火見物の船が大挙おしかけていて、フェリーは何度も警笛をならしながら進んで行きます。予想以上の船の多さにはびっくりしました。毎年、何隻かが牡蠣いかだに衝突するわけです。
seishun_2_11.jpg
 
宮島の桟橋前広場は、人でいっぱい、初詣でも、牡蠣祭りでも見たことがない人の多さです。
seishun_2_12.jpg
 
花火打ち上げから、5分ぐらいして、すぐにフェリー乗り場にもどりました。
そうでもしないと、帰れなくなる恐れがありました。でも、帰りのフェリーからも見えるということを発見、これはちょっとした裏ワザかも。
seishun_2_13.jpg
 
 
今回の旅の費用:
青春18きっぷ 1回分 2,370円 (普通に乗車券を購入すると 4,430×2=8,860円、6,490円のお得)
○○の話指定券 520円
循環バス 1120円
缶コーヒー140円
おむすび100円
お茶 140円
支払合計4,390円
移動距離:約550㎞
乗車時間:12時間(全交通機関を含む)
 
トワイライトエキスプレス瑞風の旅とはまったく正反対の青春18きっぷでしか経験できない旅でした。今回で、だいぶ知恵がついたので、次回は余裕をもった計画を立てたいと思います。
 
 
T.K.