スタッフブログ

2017年06月09日(金)

謎の単位 1コート

とある日、東京から沖縄に移り住んだ友人から届いた質問。
 
1コートとは、どういう単位ですか?
ガソリンスタンドで「エンジンオイルを1リットル入れて」と言うと、「1コート?」と聞き返されたそうです。
「1コートって何?」と逆に質問すると、「沖縄では昔から使われている単位なんです」と言われたそうです。
 
1コートってなんだろう?
私も、最初は塗装(coat)に関係しているのかなとか、まったくピンときませんでしたが、思考をめぐらすうちに、
 
沖縄 ⇒ 米軍 ⇒ ガソリン ⇒ アメリカの単位 ⇒ ガロン ⇒ 1ガロン=3.785 411 784リットル
⇒ 4クォート ⇒ 1クォート=0.946 352 946リットル ⇒約1リットル
クォートがなまってコートという連想でもって、なんとか謎がとけました。
 
そういえば、沖縄のパック牛乳は1リットルではない、というのは有名なお話しでした。
<参照:おっぱ牛乳>http://www.oppanyu.net/products/milk.html
今度、沖縄物産展などで、実物をチェックしてみます。
 
話は、変わりますが、ガソリンスタンドで1リットルを入れてと言ったのに、1コートを入れるとなると、厳密には約54mlの不足が生じます。
日常会話の中だけで習慣的に1リットル=1コートと言われているのなら問題ないでしょうけど、精密機器などにおいては、この程度の差が重大な性能不良を引起すことにもなりかねません。
単位と換算って大切です。
 
国際単位系であるSI単位がメインで表記されるようになったとはいえ、海外向けのマニュアルを制作する場合、まだヤード・ポンド法も記載しなければならないことがあります。
 
例)
  SI単位系 ヤード・ポンド法
長さ m ft
mm in
容量 L US gal/Imp gal
L US qt/ Imp qt
重さ kg lb
 
特に技術資料的な翻訳の際には単位と換算値の取り扱いには、注意が必要です。
 
原文:冷却水をクーリングシステムから2.1 L (2.2 US qt, 1.8 Imp qt) 抜取り、冷却水の原液2.1 L (2.2 US qt, 1.8 Imp qt) を充てんする。
訳文:Drain 2.1 L (2.1 US qt, 2.1 Imp qt) of coolant from the cooling system and add 2.1 L (2.1 US qt, 2.1 Imp qt) of the undiluted solution of coolant.
 
訳文の数値が違っていたり、単位が変わっていたり、することがあります。
ミスの主な原因は、TRADOS翻訳時のファジーマッチの修正忘れや、その後のチェック漏れ、翻訳指示書の不履行(事前の設定間違い)などです。
最近では、QA Checker、xbenchなどのチェックツールの性能が向上してきていますが、基本は第一作業者である翻訳者さんの実力が品質を大きく左右します。
 
数値と単位間違いは、お客さまに対してまったく言い訳ができないのです。 (TωT)ウルウル
 
謎の単位、コートから翻訳品質の話になってしまいましたが、もし世界中の単位も言葉も統一されてしまったら、私たちの仕事自体なくなってしまうのでしょうから、今はこの状況をありがたく受け止めて、ミスのないように地道にやっていくしかありませんね。
 
最後に、いまだに良くわからない謎の単位が、東京ドームという単位です。
 
アンガールズ田中さんの実家の敷地が東京ドーム1・5個分!とか、
世界のビール消費量、27年連続で過去最高を更新、東京ドーム151杯分!とか
 
ただ、ただ大きい、多いぐらいの感覚しかありませんが、なんと換算ソフトを発見しました。
<参照:東京ドーム計算機>http://hmdt.jp/TokyoDome/TokyoDome.html
<参照:ドーム電卓>http://www.karakusa-lab.com/tools/dome.php
 
これで、多少なりともサイズ感が理解できるようになれそうです。(作成者の方ありがとうございます。)
 
T.K.
 

カテゴリー:英語ネタ

2017年06月05日(月)

「とうかさん」初参加レポート

こんにちは。新入社員のK.Mです。

私の出身地は広島県内ですが、広島市から車で2時間半ほど離れた場所なので、入社してこちらに住むまであまり広島市のことに詳しくありませんでした。そんな私が、先日開催された広島市内のお祭り「とうかさん」に、人生で初めて行ってきました。今回の記事ではその様子をお届けします。

 

まず、「とうかさん」とは一体どんなお祭りなのでしょうか?

公式ホームページによると、とうかさんの正式名称は「福昌山 慈善院 圓隆寺」で、「稲荷」と書いて、音読みで「とうか」と呼ぶ大明神をお祀りする寺院です。とうかさんは広島三大祭りの一つとして知られていて、おそらく日本で一番早く浴衣を着て出かけるお祭りだとされています。(2017年は6月2日~4日の開催でした。)また、1619年に稲荷大明神を勧請して以来のお祭りで、間もなく節目の開創400年を迎えようとしています。果てしなく長い歴史がありますね。

 

とうかさんがどんなお祭りなのかご理解いただけたところで、ここからは私がとうかさんでどんなことをしたのか、写真とともにレポートしようと思います。

 

最初に、とうかさん(圓隆寺)へお参りをしました。小さな境内に人がひしめいていて、出入りするだけでも大変でした!

1496753710807.jpg

 

お参りの後はおみくじを引きました。古文と漢文で書いてあるので、読むのに大変苦労しました…。

1496753712929.jpg

 

私が行った日は19時ごろから盆踊りが始まりました。(お盆でなくても盆踊りというのですね。)「飛び入り歓迎」と書いてあったので、盆踊り初心者の私も少しだけ踊ってきました。

1496753746421.jpg

 

それから、とうかさんといえば、大規模な歩行者天国も見どころの一つです。屋台や出店がずらりと並んでいました。また、和太鼓を演奏する団体やソーラン節を踊る団体も大勢いて、観客とともに盛り上がっていました。

 

とうかさん期間中は、浴衣を着ていくと、割引やサービスをしてくれる飲食店が多くあるようです。今回、私は浴衣を実家に置いていたので着て行きませんでしたが、呉服店などではレンタルや着付けのサービスが行われていました。このサービスがあれば手軽に浴衣が楽しめるし、お祭りの行き帰りも動きやすくていいですね。

 

とうかさんは6月のお祭りなので、日が出ているうちに外を歩いても、そんなに暑くないのがうれしいところだと思います。これで一足早く夏の気分を味わえました。皆さんも、来年のとうかさんの時期に広島を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

参考URL:http://www.toukasan.jp/


カテゴリー:We LOVE Hiroshima

2017年06月02日(金)

外国人騎手がスゴイ

みなさん競馬はお好きですか。
熱心な競馬ファンでなくても、GIなどの大きなレースがある日は、テレビや新聞でも報じられるので、それなりに聞いたことがある、見たことがある方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。
なかでも、すぐに思い浮かぶ有名なレースと言えば、天皇賞(春・夏)、有馬記念、そして先週行われた日本ダービーです。
 
そして、この日本ダービーを外国人騎手として初タイトルを獲得したのがC.ルメール騎手(フランス国籍)です。
GIという大きなレースを3週連続で勝利した(2001年に、O.ペリエ騎手が達成して以来)のも相当にスゴイことですが、毎回、スゴイと思うのが、彼の勝利ジョッキーインタビューです。かって、短期免許で来日していた頃は、通訳を介して英語で話していたと記憶しています。最近はほぼ日本語です。
 
2017年 日本ダービー勝利ジョッキーインタビュー
 
日本での通年騎乗のライセンスを取得するためには、一次筆記試験(日本語・英語を選択可能)、二次試験(面接などを含めた日本語の口頭試験)に合格しなければなりません。一次は合格できても、二次に受かるには、それなりに日本語が喋れないといけなかったようです。
 
平成27年度騎手免許試験に、良きライバルであり同僚でもあるM.デムーロ騎手(イタリア国籍)とともに合格し、通年騎乗できるライセンスを取得後は、できるだけ日本語でインタビューに答えるようにしてきたようです、その甲斐あってか、最近のインタビューでは、両ジョッキーともに、ほとんど日本語で対応しています。ときどき、つまりそうな場面でも、なんとか日本語で続けようとする姿勢がすばらしいです。
 
はたして、次回のGI安田記念も連覇して、4週連続の勝利ジョッキーインタビューが聴けるか、たのしみです。
 
ちなみに、競馬翻訳用語一例です、特殊な用語がありますね。
日本語 説明 英語
牡馬(ぼば) オス馬 Stallion
牝馬(ひんば) メス馬 Mare
本命 そのレースで最も強いと思われている馬 first choice
対抗馬 本命と優勝を争うと予想される馬 contender
大穴 もしかしたら勝つかもという馬 long shot
ハロン 約201m furlong
短距離馬 1400mまでの距離が得意 sprinter
長距離馬 2200m以上の距離が得意 stayer
返し馬 発走時刻まで馬場のあちこちに散ってする足ならしのこと warm up
 
もし興味のある方は、JRA英語のウェブサイトも参照してみてください。
 
T.K.
 

カテゴリー:英語ネタ

2017年05月31日(水)

ここが変だよ広島市

こんにちは!

新入社員のS.Tです。

前回のブログにも少し書きましたが、私は埼玉県出身です。

留学したこともありますが、実は留学以外では埼玉を離れたことがありませんでした。

なので、広島にきてカルチャーショックを感じることが多く、意外に思っています。

留学中なら、「外国だしそんなこともあるのか」で納得できましたが、同じ日本でもこんなに違うのかと驚くことがたくさんありました。

 

なので今回は、私が感じた広島の変わったところを取り上げてみようと思います。

 

その1 のんびり広島電鉄(路面電車)

電車のイメージだったので驚きました。停車駅の数が多いから仕方ないのかもしれませんが、走るスピードも結構ゆっくりしているように思います。私も何度か乗りましたが、横の道を歩いている人に追い抜かれることもあります。それなのに、道路を走っている広電をみるといつもそこそこ混んでいるのはなぜなんでしょう。不思議です。

編集者注(広島出身):乗り遅れたときでも、ひと駅走れば追いつけるというメリットもあります。

 

その2 広電でSuicaが使えない

電車でもバスでも自動販売機でも、埼玉にいても東京にいても、空港でも使えるSuicaは、全国共通なんだとばかりに思っていました。初めて広電に乗ったとき、Suicaが使えないと知って衝撃を受けました。こっちでは、ICOCAとPASPYがメジャーなんですね。なんでSuicaじゃないんですか?Suicaじゃだめなんですか?そうだとしても、なんでICOCAとPASPYがふたつあって、統一しないんでしょう。謎がつきません。

編集者注:2017年末までについにSuicaが使えるようになるらしいです。ちなみにPASPYだと割引になるので、地元民はICOCAでなくPASPYを使う人が多いです。もちろんカープデザインPASPYあります。

 

その3 ゴミ袋が紙

埼玉ではゴミ袋は大きな半透明のビニール袋でした。たぶん、全国的に見てもこれがメジャーではないかと思います。広島市の指定ゴミ袋ダストポイは紙でできていて、しかも持ち手がありません。最初はどうしたらいいかよくわかりませんでしたが、最近はガムテープで留めています。通りをみていると、ひもで縛ったりガムテープで留めたりしている人が多いようですね。可燃ゴミと一緒に燃やせるように、袋も紙にするなんて広島市はエコだなあなんて思う反面、中が見えないからきちんと分別されていなくてもわからないんじゃ・・・とも感じます。

編集者注:ダストポイでなくても、紙であればOK。新聞紙で器用にゴミ袋を作ってる人がときどきいます。

 

その4 ポプラの覇権

広島にきて初めてポプラを見ました。私の中でコンビニといったら、セブンかファミマかローソンだったので、これが噂のポプラか!と謎の感動をおぼえました。ただ、こんなにポプラがたくさんあるとは思いませんでした。ポプラは地方あるあるの話題で耳にしていたので、都会な広島にここまで多数あるとは思いませんでした。ポプラ、恐るべし。

編集者注:ポプラは広島発祥のコンビニです。お正月には鬼のようにCMが流れます。

 

その5 川の水位が激しく上下する

広島は川が多いのは日ごろから目にしていました。春は川沿いの道が桜並木になっていて、とてもきれいでした。最近になって気になりだしたのは、川の水位のことです。会社の窓からもよく見えるのですが、川の水位が毎日かなり上下しています。ほとんど干上がっているんじゃないかという日もあれば、轟々と流れている日もあり、表情の豊かさに驚かされています。私は川沿いの道を通って通勤していますが、これからは毎日チェックしてみようかなと思います。

 

その6 イントネーション

就職してから、「さすがは広島の会社。広島弁の人が多いなあ。」とは思っていましたがもうだいぶ慣れてきました。「ぶち」や「じゃけえ」にはもう驚きません。ですが、普段の何気ない会話のなかで、単語のイントネーションの違いに気づくことがあります。最近気づいたのは、服、靴、粉、海苔、ファミマ、10円のイントネーションです。声に出して読んでみてください。上から下のイントネーションになっていませんか?関東だと、下から上なんです。だからどうというわけではありませんが、こういった違いを感じると私は「新しい街にきたんだなあ」としみじみ思います。

編集者注:広島弁は英語のイントネーションに近いです。

 

以上、埼玉出身の新入社員によるカルチャーショック特集でした!


カテゴリー:We LOVE Hiroshima

2017年05月26日(金)

最新技術の融合

最近、注目を浴びているIT技術と言えば、
 
AR Augmented Reality(拡張現実)、ポケモンGOや、サイバーNAVIが有名です。
AI Artificial Intelligence(人工知能)、α碁や電脳将棋などが有名です。
 
ことし1月、日本語に対応したGoogleの開発した“Word lens”は、インターフェースはAR技術、翻訳はAI技術を駆使しているみたいです。
<詳しくはこちらを参照。>
カメラをかざすだけ!「Google翻訳」のAR翻訳機能が30言語に対応!リアルタイム翻訳が面白すぎる
 
これ、どんどん進化していったら、ヤバイことになるんじゃ?!
翻訳会社のAIBS的には、ちょっと不安にかられますが。。。。
 
※編集者注
GUIの確認などでドイツ語や中国語のWindowsを触るときがあるのですが、そんなとき、この機能はとても役立ちます。
 
ほんと、ARとAIが融合すると、スゴイことになるんですね。
 
AR+AI?
 
ARAI?
 
Arai?
 
あらい?
 
新井?
 
スゴイことになりました、新井さんがでてきました。
 
今年は、出場機会が少ないですが、いざというときには、頼もしい存在です。
来週からは交流戦になります、これまで鬼門と言われてきましたが、そこから快進撃が始まったので、やはり期待が膨らみます。
 
ことしは、まだ一度しかズムスタに行けてないT.K.

カテゴリー:浅く広い技術のはなし