スタッフブログ

Blog

2018.07.30

Tradosで依存関係のエラーが出たときの解決方法

TRADOS

Tradosでファイルを開こうとすると、「依存関係ファイルが見つかりません」というエラーメッセージが出ることがあります。

このエラーの原因は、何らかの理由でTradosのバイリンガルファイルに変換する前のオリジナルファイル(原典ファイル)とのリンクが切れたことによります。

この問題を解決するには、下記の手順を実行します。

1. 「依存関係ファイルが見つかりません」メッセージが出たら「はい」をクリックします。
dependencyfileerror_message.png

2. ファイル選択のダイアログが表示されたら、原典ファイルが入っているフォルダーを選びます(原典ファイルがない場合は依頼元から入手する必要があります)。
filesearchdialog.png

3. 原典ファイルが表示されたら選択して、「開く」をクリックします。

問題なくエディターにバイリンガルファイルが開けば問題解決です。

上記の手順で原典ファイルを選択して「開く」をクリックしたときに、下記のメッセージが表示される場合があります。

filemismatch.png

この場合は、「いいえ」をクリックしてください。

これは、提供されている原典ファイルとTradosプロジェクトの作成に使われたファイルが違うことを意味します。単純にファイル名が変わっているだけの場合は問題ないのですが、ファイル名以外も変わっている場合、「はい」をクリックしてしまうとそれ以降で訳文生成(訳文のみの保存)ができなくなるので確認した方がよいです。

たとえば、翻訳会社でTradosプロジェクトを作成する際、お客様から提供された原典ファイルをTradosに取り込もうとしてもエラーが出て取り込めないことがあります。その場合、原典ファイルを加工してTradosに取り込みます。AIBSの例ではdocファイルを取り込めないことが多く、docxに変換してから取り込みます(加工とはいっても基本的にテキストは触らないので、内容は原典と同じです)。

このとき翻訳者さんに加工前の原典ファイルを提供していたら、上記のような問題が発生します。

このメッセージが出たら、依頼元にTradosプロジェクトの作成に使ったファイルを提供してもらってください。それを任意のフォルダーに保存して、上の手順3で原典の代わりに選択します。

2018.05.10

広島市内のループバス事情

We LOVE Hiroshima

広島市には、めいぷるーぷという観光客をターゲットにした循環バスがあります。
広島駅から主要な観光スポットを巡る3つのルートがあり、多くの観光客に利用されています。
どのルートも八丁堀、紙屋町、原爆ドーム、平和公園を通るので便利ですね。
しかも一日乗車券は400円で乗り放題というのも魅力的です。
mapleloop.jpg
引用元:http://www.chugoku-jrbus.co.jp/teikan/meipurupu/map.html

物は試しにと、一度グリーンルートに乗ったことがありますが、車内にはテレビがあり観光案内が日本語と英語で流されていました。
偶然乗り合わせた外国人観光客とお話ししたりするのもいいですね。広島市民でも結構楽しめそうですよ。
mapleloopbus1.jpg

そして新たに5月13日(日)からエキまちループという市内循環バスの運行が始まります。
ekimachiloopbus.jpg
画像引用元:http://www.hiroden.co.jp/topics/2018/0330-ekimachi.html

この循環バスの何がすごいかって、
〇 広島駅から八丁堀までがノンストップ運行
○ 平和大通りへのアクセスが便利
○ 広電と広島バスの定期券が相互に利用可能
○ 右回ルートと左回ルートがあって、両方を合わせると平日一日の運行本数が170本以上

というのが挙げられていますが、私たちにとってはAIBS広島本社へのバスによるアクセスが格段向上するというのが最大のメリットです。

弊社へのアクセスは広島駅からは、これまで
aibsaccess.png
と、ご案内していました。
ただ残念なことに、もっとも歩く距離が少ない50号線は、朝の通勤時間帯(7時から9時)は1時間5本ですが、それ以外は1時間に2本程度しかなく、待つぐらいなら歩いたほうがいいかというような路線です。
広島駅と西区のアルパーク間の長い距離を走る路線なので、渋滞により時間通りに運行できないということも結構あります。

ところがエキまちループバスは、最寄りの平塚町バス停に始発から最終まで1時間5~6本の間隔で運行されます。
料金は大人180円、小児90円の均一運賃
http://www.hiroden.co.jp/topics/2018/pdf/0330-ekimachi/timetable.pdf
参照:広島市都心循環バス 「エキまちループ」時刻表

さらに広島駅へのアクセスだけでなく、アストラムライン本通り駅とのアクセスも、このバス1本で可能になりました。

雨の日とか助かりそうですね。

T.K.

2018.04.18

日中翻訳での用語の調べ方

日中特許翻訳

今回は、意外と知られていないかも知れない日中翻訳における用語の調べ方を紹介します。
調べ方は人それぞれなので、あくまでも自己流なものと考えていただければと思います。

用語調べといえば、真っ先に辞書を思い浮かべる人が多いかもしれません。
現状としては、日中辞書は日英辞書や英中辞書と比べると数が遙かに少ないので、基本的に日本語⇒英訳⇒中訳という流れで用語を調べます。また、日中辞書だけでなく英中辞書に関しても言えることですが、そもそも辞書に載っていなかったり、同じものに対して違う言い方が載っていったり、辞書に載っている訳語をインターネットで検索したらマイナーな言い方だったり、訳語がいくつか羅列されているだけでどれが該当分野に適した言い方が分からなかったりすることがよくあります。そのため、私は辞書だけを当てにせず、ヒントを得る手段の一つとして考えています。
当然ヒント1つでは訳語が特定できないので、インターネットも利用します。

例えば、「ストラットサスペンション」という用語について、辞書からは「撑杆式悬架」という訳語を入手できましたが、本当に合っているかまたは一般的に使われているか分かりませんので、中国の検索エンジンBaiduで完全一致検索を行います。

baidu_search.png

ヒット数が僅か665個で、ヒット内容を見ても自動翻訳サイトや日本特許の中訳などばかりでネイティブ発の技術文献が見当たらないため、中国で一般的な言い方ではなさそうです。

ここは一旦Google JPに戻って「ストラットサスペンション」と検索すると、

stratsus.png

MacPherson Strut」というヒントを得たので、再度Baiduで検索します。

検索結果にそれらしき訳語はありませんが、「MacPherson」の中訳は恐らく「麦弗逊」と分かりました。さらに「MacPherson Strut」と「麦弗逊」を組み合わせて検索したら、ネイテイブ発の技術文献などがちらほら出てくるようになりました。
読んでいくと、大体「麦弗逊悬架」あたりかと推測がついたところで、「麦弗逊悬架」でさらに検索して、ヒット内容を数ページから数十ページ見て、最終的な判断をします。

上記の例は割りと簡単なほうで、日本語⇒英訳⇒中訳では行き詰まるケースも珍しくありません。
例えば、自動変速機分野の「ランププレート」という用語(台湾語訳の例ですが、やり方は基本同じです)。

まず英訳が見つかりません。和製英語のためか、仮に「ramp plate」で検索してもコレジャナイ感しかしません。Google JPから定義も見つかりませんが、ヒット内容からは「エンジンの回転をプーリーに伝えるもの」という情報が得られ、画像検索からは見た目が分かりました。

rampplate.png

次はGoogle TWでいろいろ調べます。
ランププレート」はプーリーやCVTと関連がありますので、それらの単語を組み合わせて調べたり、「プーリー 構造」などで調べたりしていくうちに、なかなか情報がない中、このサイトhttp://www.ridersquare.com/mag/j_costa.htmに辿り着けました。

cvt.png

サイト内の上記画像を見て、対応する台湾語は「壓板」(赤い丸で囲んだところ)である可能性が著しく高いと考えられます。しかし、本当に台湾で一般に通じる言い方なのかまだ分かりませんので、最後に、Google TWで「壓板 CVT」などで検索してヒット内容を確認し、且つ画像検索することで、

cvt_ingoogle.png

ランププレート」の台湾語は「壓板」で問題ないと判断できました。

このように、用語の調べ方はケースバイケースです。
上記以外にも、自動翻訳の訳語を参照したり、特許の場合は同じ出願の中国語公報を参照したり、JIS規格やGB規格を参照したり、該当分野の専門書を読んだりするなど様々なところからヒントが得られます。どれか一つに頼らず、複数の情報源からのヒントを元に総合的に判断することが正解に近づく一番の方法だと思います。

2018.03.15

ベストセラーランキングに見る広島の地元愛

日々のつれづれ

毎週日曜日に地元新聞に発表されるベストセラーランキングが興味深い。
というのも、広島と東京で売れている書籍がこれほどまでに違うのかという週があるんです。
たとえば、3月のとある週のランキング

広島

順位 タイトル 著者 ジャンル
1 勉強 秋山夕日 教育
2 漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎、羽賀翔一 哲学
3 おらおらでひとりいぐも 若竹千佐子 小説
4 広島電鉄殺人事件 西村京太郎 小説
5 ブラッド・エルドレッド 広島を愛し、広島に愛された男 ブラッド・エルドレッド エッセイ
6 炎と怒り トランプ政権の内幕 マイケル・ウォルフ 政治
7 大人の語彙力ノート 齋藤 孝 ビジネス
8 君たちはどう生きるか 吉野源三郎 哲学
9 天風録書き写しノート 中国新聞社 地元
10 未来の年表 河合雅司 ビジネス

東京

順位 タイトル 著者 ジャンル
1 会社を絶対にダメにしない社長の"超"鉄則 小山昇 マネジメント
2 Clarity 石橋杏奈写真集 光文社 写真集
3 残酷な世界で勝ち残る5%の人の考え方 江上治 ビジネス
4 できる大人の9割がやっている得する睡眠法 小林 瑞穂、森下 えみこ 健康
5 お金2.0 新しい経済のルールと生き方 佐藤航陽 ビジネス
6 週イチ・30分の習慣でよみがえる職場 重光 直之、片岡 裕司、小森谷 浩志 マネジメント
7 ドラッカー5つの質問 山下 淳一郎 マネジメント
8 図解環境ISO対応まるごとわかる環境 見目 善弘 ビジネス
9 炎と怒り トランプ政権の内幕 マイケル・ウォルフ 政治
10 すごい共感マネジメント 中田 仁之 マネジメント

引用元:中国新聞3月4日朝刊より

なんと、共通のタイトルは『炎と怒り トランプ政権の内幕』だけで、あとはまったく違っています。

傾向として、広島は地元愛にあふれ、東京はマネジメントやビジネス書が人気というのがはっきりと分かります。東京で流行ったものが、広島では時間差で流行することはよくありますが、逆はなさそうです。おそらく広島電鉄殺人事件が東京のランキングに入ることはないでしょう。

最近は、本屋に出向かなくても、インターネットで検索すれば、チラ見できたり、購入しなくてもカスタマーレビューで大体の内容が把握できてしまう時代です。
ですが、書店に出向いてページをめくって、よしこれにしようと決めて購入する。そういう時間が本当は大切なのではなかろうかと思うのです。

そんな私はこのランキングにつられ、さっそく書店に行き、『広島電鉄殺人事件』を購入しました。
日頃利用している路線でもあり、絶対にありえないだろうというツッコミどころ満載でついつい時間を忘れて、一日で読み終えてしまいました。

秋の夜長に読書と言われますが、春は本を片手に外に出て列車に揺られながら読書するというのも違った雰囲気を楽しめるかもしれませんね。

私が、次に狙っているのは、『ブラッド・エルドレッド 広島を愛し、広島に愛された男』です。

T. K.

2018.02.05

日中翻訳の意外な落とし穴(慣用表現編)

翻訳の仕事

日本語では、空調は吹出口から空気を吹き出し、吸込口から空気を吸い込むと表現します。

以前にも書いたように、日本語の漢字をできる限り訳に持ってくるのが日中翻訳の主流であるため、この「吹出口/吸込口」も基本的にそのまま「吹出口/吸入口」と訳されています。

そういう呼び方は聞いたことがないと思って調べたら、どうやら中国語では「送风口/回风口」(送風口/回風口)と呼ばれているようです。「吹出口/吸込口」は日本語では慣れ親しんだ表現だと思いますが、生粋な中国語表現ではありません。「吹出口/吸込口」は技術用語というよりは慣用表現に近いです。そのためか、この類の表現は、日中辞典によっては載っていなかったり、載っていても辞書によって違ったり実際にその分野の技術文章に使われていなかったりすることもあるため、上記のように一般的に既に定着した呼称とは別の表現を作り出さないようにする注意が必要です。

用語の調べ方についてはここに収まりきらないほどネタがあるので、また次回以降書きたいと思います。

翻訳時に注意が必要な慣用表現は他にもたくさんあります。当たり前のことですが、文化や習慣、感性の違いから、国によって表現の仕方などが違ったりします。

例えば、人民元20元紙幣の色を茶色と表現する明細書があって、それをそのまま「茶色」と中国語に訳した人がいます。しかし、人民元の色について中国では「茶色」とは別の既に定着した呼び方がありました。それは「棕色」(ブラウン)です。もちろん「茶色」でも間違いとはいえませんが、中国語としてはいささか不適切です。

また、一般翻訳の話になりますが、例えば、「xxポテトチップス 塩味」の「塩味」をそのまま「盐味」(塩味)と訳したらどういう印象を与えると思いますか?
日本では馴染み深いネーミングですが、中国ではそのネーミングはありません。どのフレーバーにも塩は入っているはずだから、塩味といわれてもピンとこないので、普通「原味」(プレーン味)といいます。ちなみに、中国の場合、とにかく名前を一捻り、二捻りしたほうがおいしく感じるので(フレーバーの種類も日本より豊富)、例えば、「泰式咖喱蟹味」(タイ風蟹カレー味)、「清爽酸奶味」(さっぱりヨーグルト味)、「香脆烤鸡翅味」(香ばしくてサクサクの手羽焼き味)のようなネーミングが一般的です。

また、例えば、日本でキャッチフレーズとして「愛され続けて○十年。」という決まり文句がよく用いられますが、中国では全く馴染みのない表現です。そのまま訳しても、キョトンとさせるだけです。ここは、うちの商品は○十年も売れ続けるほどの人気商品ですとはっきりさせたほうが、観光客にもその言わんとすることが伝わるのでしょう。

以上のような慣用表現は、文字通り翻訳しても間違いにはなりませんから、本当はどう訳そうと翻訳者の自由です。ただ、さじ加減一つで、違和感が生じたり、伝わりにくくなったりする可能性があることも忘れないでほしいです。