FAQ

FAQ

Q1翻訳料金を教えてください。

A

料金は翻訳文書の言語や内容によって異なります。
翻訳・通訳のお見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

Q2見積もり方法を教えてください。

A

翻訳料金の基本は原文のワード数または文字数×単価で算出します。
単価は文書の種類や言語などによって変わります。レイアウト編集やその他の作業が必要な場合は別途料金を申し受けます。

Q3翻訳に要する日数を教えてください。

A

分野と内容の難易度によって異なりますが、標準的な翻訳日数は以下のようになります。
英文和訳の場合: 原文英語2000ワード→2日
和文英訳の場合: 原文日本語4000文字→2日
上記のほかに、準備と仕上げに前後1日づつ必要です。

Q4急ぎの翻訳に対応してもらえますか?

A

できるだけご要望に沿えるように調整しますが、負荷状況によっては日数の追加をお願いすることがあります。

Q5英語以外の言語に翻訳できますか?

A

はい。中国語、韓国語をはじめとしたアジア言語、ドイツ語、フランス語、ロシア語などのヨーロッパ言語を含め45か国語以上に対応しています。
対応言語については、「翻訳・通訳サービス」ページをご参照ください。

Q6納品データの形式は指定できますか?

A

下記を含むほとんどの形式に対応可能です。
・Microsoft Word/Excel/PowerPoint
・Adobe Acrobat/FrameMaker/Illustrator/Photshop/InDesign
・HTML/XML
・CATツール(TRADOS/memoQ/memsource/SDLX)
特殊なアプリケーションにも対応します。詳しくはお問い合わせください。
レイアウトが必要な場合、難易度によってレイアウト料金が発生する場合がありますのでご了承ください。

Q7トライアル(お試し翻訳)はお願いできますか?

A

はい。
はじめてのお客様や、大量または長期にわたる翻訳のご発注をお考えの場合、無料トライアルをご利用いただけます。事前に翻訳の品質を確認できるので、安心してご発注いただけます。
翻訳量は案件によりますが、英文和訳の場合は原文英語100ワード、和文英訳の場合は原文日本語200文字が目安となります。

Q8翻訳証明を発行してもらえますか?

A

下記の公文書の翻訳には、翻訳証明を発行します。
・戸籍謄本・抄本
・住民票
・婚姻証明書
・出生証明書
・外国人登録証明書
その他の翻訳証明に関しては、お問い合わせください。