特許事務ブログ

IP Blog

2019.10.17

特許・情報フェア&コンファレンスに向けて

お知らせ

autumn6.jpg

先日、新着情報の中でもお知らせさせていただきましたが、アビリティは11月6日~8日に開催される「特許・情報フェア&コンファレンス 2019」に出展します。

開催まであと3週間。現在準備を進めているところです。

アビリティの知的財産サポートサービスのひとつにRPA導入支援があります。今年の特許・情報フェアではRPAのデモ動画をご紹介する予定です。

以前の勤務先で、ある特許管理システムを使っていましたが、もっとこんな機能があったらいいな、こんなことができたらいいなと思うことがいくつかありました。こちらについて、RPAを活用したら・・・という例をご紹介する予定で、現在準備をしています。

そのひとつが、外国出願要否の期限管理でした。日本出願から半年経過後に親会社に外国出願の要否の検討を依頼することになっていましたが、使っていた特許管理システムでは、その期限を管理する項目がありませんでしたので、定期的に自分で半年前の出願日を検索して対象案件を抽出していました。

RPAを活用すれば、ロボットが自動で特許管理システムから対象案件を抽出し、CSV出力したものをメールで通知するというのをやってくれるので、人がうっかり忘れてしまうミスも防ぐことができます。

当日ブースでは他にも色々な例をご紹介させていただく予定です。どうぞお楽しみにしてくださいね。