特許事務ブログ

IP Blog

2020.06.04

シリーズ【特許事務を仕事にする】 51:クレジットカードによる手数料の納付

特許事務のお仕事

200604.jpg

こんにちは。最近は蒸し暑い日が続いていますね。適宜水分を補給して、熱中症に気をつけましょう。

ある企業の知財部で知財事務を担当されることになった社員のAさんに知財事務研修を実施することになりました。ある日、Aさんからこんな質問を受けました。
「特許庁の手続でクレジットカードの利用ができるようなのですが、他の会社でも使っているのでしょうか?上司が予納台帳は煩雑なのでクレジットカードに変更したいと言っていて、この場で聞いてみてと言ってました」

クレジットカードの利用ができるようになったのは知っていたのですが、私たちがお付き合いしているお客様で実際にクレジットカードを使っているという話を聞いたことがなかったので、特許庁に電話をして聞いてみることにしました。

その結果、以下のことが分かりました。
・利用できるクレジットカードは法人・個人いずれのものでもよい
・ただし、3Dセキュア認証が必要で、認証はクレジットカード会社に依頼する
・ブランドはVISA、MasterCard、JCB、American Expressのみ対応
・3Dセキュア認証にかかる費用は発生しない

特許庁のWebサイトにもクレジットカード利用について詳細な説明が記載されていました。よかったら参考までにご覧ください。
https://www.jpo.go.jp/system/process/shutugan/pcinfo/outline/payment/credit- card.html