特許事務ブログ

IP Blog

2020.08.12

シリーズ【特許事務を仕事にする】 57:特許(登録)料支払期限通知サービス

特許事務のお仕事

200812.jpg

こんにちは。
毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

今年の2月から特許庁では年金の納付漏れを防止するために「特許(登録)料支払い期限通知サービス」を行っていることを知りました。

事前にアカウント登録して案件を登録すると、特許庁から次回の納付期限日を知らせるメールを受け取ることができます。通知メールは納付期限日まで3か月(商標の場合には6か月)を切った時点で送信されるようです。

事業に欠かせない知的財産権を維持するため、特許の場合は出願から20年という長い期間、年金(特許料)を支払い続けなければなりません。知財事務の仕事は女性が多く携わることもあり、数年単位で担当者が変わってしまうことも少なくありません。うっかり年金を支払いそびれてしまった、、、というミスで大事な権利が失効してしまうと会社にとって大きな損失になります。こうしたミスを防止するために特許庁がこのような通知サービスを提供してくれるのはとてもありがたいと思います。

出展:特許庁ウェブサイト 特許(登録)料支払期限通知サービスについて
https://www.jpo.go.jp/system/process/toroku/kigen_tsuchi_service.html