特許事務ブログ

IP Blog

2019.06.05

シリーズ【特許事務を仕事にする】18:何のために知的財産権を取得するのか?

特許事務のお仕事

prat.jpg

今回は知的財産権の役割について取り上げたいと思います。

最近では知的財産権に関わる仕事や勉強をしていなくとも、日常で触れる商品や国内外を取り巻くニュースなどあらゆる場面で特許や商標といった言葉を見聞きする機会は増えているかと思います。

ただ、そういった特許など知的財産権に関する言葉が身近に感じられるようになってきたとはいえ、なぜ知的財産権を取得する必要があるのか?についてはピンとこないところがあるかもしれません。

-------------------------------

先日、知財活動に取り組まれている中小企業の経営者の方のお話を聞く機会があり、単に製品に関する特許を取得するだけでは意味がないこと、事業を成功させるための手段の一つとして上手く知的財産権を活用していくことの大切さを痛感しました。 こちらは経済産業省 中国経済産業局のWeb サイトで、中国5 県にある知財活動を熱心に行っている企業の事例が紹介されています。企業にとって知的財産がどんな役割を果たすのか、会社が儲かるために知的財産をどう活用すれば良いのか、わかりやすく動画で説明されています。本社が広島にある弊社においても身近な地域ですので、弊社の新入社員研修で知的財産の講義をする際にも紹介しています。

これから特許事務の仕事を始めようと思っている方にとっても参考になると思いますので、よかったらあなたの興味がわくところから勉強してみてくださいね。

◆特許:オープン&クローズ戦略とは

◎株式会社フジワラテクノアート

3-4 自社の開発技術を守り・攻める~オープン・クローズ戦略~ #92

(実際の手続書類を確認出来る)J-PlatPatについて、詳細なマニュアルが掲載されています。

◆◆意匠・商標権利化

◎熊野筆メーカー 株式会社晃祐堂 意匠/商標権の権利取得

8-1 デザインで加速する海外への知財戦略 #10