特許事務ブログ

IP Blog

2017.03.15

シリーズ【特許事務を仕事にする】 14:短期間での知識習得を目指して

特許事務のお仕事

「貴重な時間を無駄にしないために」

20151117_textbook.jpg

「短時間で学習していただくにはどうしたらよいか?」
そんなことを意識したのは、先日ある女性の方と面談をしたのがきっかけでした。その方は、AIBSが紹介しているある企業の特許事務に応募された方で、子育てをしながら、フルタイムで仕事をされています。

前々から特許事務という仕事に興味を持っていたことと、自宅から近い職場で子育てをしながら長期的なスパンで仕事ができること、というのが応募動機でした。

お話を伺うと、平日は仕事と子育てと家事で時間を捻出するのが本当に難しいが、土日であれば、特許事務の仕事を始めるのに勉強する時間を何とか捻出できそうとのことでした。

これまで AIBS が行っていた特許事務の事前学習カリキュラムは、1 日 1 時間程度の学習を 1 ヶ月程度続けていただくことで、勤務開始までに基本的な知識と実務スキルを習得できるようになっています。

よって、時間的な制約が大きい方にとっては、勤務開始までに事前学習を終えるのは難しいのかもしれない…と感じました。

・1 日 5 分~10 分といった短時間で学習できるようにするにはどうすればいいか?
・対面講義がなくても理解が十分できるようにするには?
・時間制約があっても、楽しく、分かりやすく、学習を続けたい!と思う内容にするには?

より少ない学習時間で、勤務開始に必要な実務知識とスキルを身につけられるカリキュラムができたら、時間制約がある人だけでなく、これから転職をしようとする方、全員にとっても大いにメリットがあります。
学習にかかる時間は長ければ長いほどよいという発想ではなく、できるだけ短い学習時間で必要な知識とスキルを習得できるカリキュラムを作っていこうと決意した出来事でした。

2017.02.16

特許事務スクール 喜びの声 9期生

喜びの声(特許事務スクール)

新しいキャリアをスタートした卒業生から、喜びの声が届いています。

120952.png

常に何かを学ぶ環境が楽しめる方におすすめしたいお仕事です(Y.Sさん/女性)

■ 講義受講前の気持

今まで全く別の業界で仕事をしていましたし、年齢的にも転職が厳しいと言われる年齢でしたので、不安はありました。ただ、興味を持っていたので話を伺える機会をいただけたことが嬉しく、説明会に参加しました。

■ 講義受講後の感想

事前学習をしてから講義を受けたので、わからない部分を丁寧に説明していただき、とても有意義でした。私の場合は、講義だけでは頭に入りづらかったと思いました。

■ 講義で学んだことで印象に残っていること3つ

・色々な期限管理があること。
・時系列で整理していくと混乱しにくいこと。
・公報などいくつかのサイトで検索ができること。

■ これから特許事務を学ぼうと思っている方へのメッセージ

一度に短期間で覚えられることではないので、仕事をしながら覚えて、常に何かを学ぶ環境が楽しめる方に良いかなと思います。

■ 講義で学んだことを活かすには

実際にお仕事をされていた方からの講義でしたのでとても実践的でした。また、心構えや考え方なども教えていただきましたので、大変心強かったです。

■ 転職先での意気込み

ご紹介いただいた事務所でご縁があり、内外出願チームで仕事をさせていただいております。まずは覚えること慣れることが第一という感じですが、将来的にはデータベースをより活用して業務に活かしていけたらいいなと思っています。

 

120952.png

新しい事にチャレンジする気持ちがあれば大丈夫(S.Mさん/女性)

■ 講義受講前の気持

特許事務に関する知識が全くないので難しくて出来るか、新しい分野を学ぶのに年齢の壁はあるか等不安だらけでした。

■ 講義受講後の感想

初めて聞く用語、複雑な手続に驚きましたが、わかりやすく丁寧に教えて頂きました。講義ですべてを覚えなくても実際の仕事で徐々に覚えていけば大丈夫との事で安心しました。

■ 講義で学んだことで印象に残っていること3つ

・特許取得までの長い時間と有効期限があるため、期限管理の重要性
・特許取得の様々な方法、資料の多さ
・特許の知識がなくても今までの事務職経験があれば生かせること

■ これから特許事務を学ぼうと思っている方へのメッセージ

難しくて専門性が高いと思われますが、新しい事にチャレンジする気持ちがあれば大丈夫だと思います。

■ 講義で学んだことを活かすには

専門用語が出てきても戸惑わずに、仕事に直面した時に復習しながら徐々に幅を広げていきたいです。

■ 転職先での意気込み

最初は与えられた仕事をミスなく着実にこなす事から、特許事務もいろいろなバリエーションがあると思いますが幅広く対応できればと思います。

 

120952.png

未経験でもチャンスがあることを知り、すぐに登録会に参加(T.Hさん/女性)

■ 講義受講前の気持

これまでと全く違う分野で、且つ専門分野に特化した仕事がしたいと思っていたところ、特許事務という仕事があることを知り、興味を持ちました。特殊な業界ゆえ、転職は難しく感じていましたが、偶然目にしたAIBSのサイトで未経験者でもチャンスがあることを知り、すぐに登録会に参加しました。ワクワクする反面、果たして自分に適正があるかどうか不安な気持ちがありましたが、当日行ったワークはとても楽しく、また「特許事務に向いている」という言葉をいただき、「私にもできるかも?」と自信が持てました。

■ 講義受講後の感想

在宅でのワークと対面での講義、両方あるのが良かったです。課題は想像よりもボリュームがあり、短期間で習得できるか不安でしたが、「全部覚えようとしなくても大丈夫。実際に仕事をする中で覚えられますよ。」と言っていただいたのがとても心強かったです。テキストも特許における基本的な知識と実際の業務で使うものを用意してくださり、具体的に働くことをイメージしながら学習できたと思います。

■ 講義で学んだことで印象に残っていること3つ

1.出願さえすればすぐに特許が取得できると思っていましたが、事前調査があったり、拒絶などの中間業務があったりと、様々な工程を経て特許を取得できるのだと知りました。
2.外国に出願する際のルートが2つあり、最初は混乱しましたが、説明を聞くうちに合理的な制度だと理解しました。
3.優先権主張出願、分割出願など、出願にも種類があり、それらを時系列に理解するのが難しかったです。

■ これから特許事務を学ぼうと思っている方へのメッセージ

講義や実際の業務を通じて、全く知識がないまま飛び込むのは難しい業界だと感じました。自己学習だけでは限界があるので、この業界を熟知しているプロに付いて学習するのが一番の近道だと思います。

■ 講義で学んだことを活かすには

企業の知的財産部で働けるご縁をいただきました。社内の管理ルールに従う、常に期限管理を意識する、スピードより正確さを重視する、間違った場合は原因を究明し、対策を立てる、少しでも疑問に思うことは確認するなど、講義で学んだことを日々意識しながら業務に取り組んでいます。

■ 転職先での意気込み

現在の就業先では、一部の工程を担当するだけではなく、様々な工程に携わらせていただいています。今後はもっと学びを深めて、さらに幅広い仕事ができるようになりたいです。

2017.02.16

特許事務スクール 喜びの声 8期生

喜びの声(特許事務スクール)

特許事務スクール8期生のみなさんも、スクール終了前に転職先が決定しました!

新しいキャリアをスタートした卒業生から、喜びの声が届いています。

flower_1.png

"知りたい"という気持ちを大切にしてくれました(Y.Fさん/女性)

■ 講義受講前の気持

知財業界が初めてでしたので、自分にできるのかという不安のほうが大きかったです。また難しそうというイメージが強かったです。

■ 講義受講後の感想

全く知識がないところから、少しずつ用語に慣れ、特許を取得するまでの流れがわかるようになり、率直に楽しかったです。また講義担当者の方が、毎回丁寧に指導してくださり、質問をしやすい環境をつくってくださったのでとてもよかったです。“知りたい”という気持ちを大切にしてくださいました。

■ 講義で学んだことで印象に残っていること3つ

①期限管理、正確性がとても重要
②実際に案件を検索することで、書類に慣れやすかった
③学び続けることが大切

■ これから特許事務を学ぼうと思っている方へのメッセージ

私自身、まだ仕事を始めたばかりですが未経験の方でも、特許の知識を得ることで長く続けられる職業になると感じています。全く同じ案件がないですし、国によって特許取得までの流れやルールが違うので、勉強をしていくことが大切だと感じています。チャレンジしてみたいという気持ちがあれば、一度トライしてみることをおすすめします

■ 講義で学んだことを活かすには

分からないことは必ず調べ、確認をすることを徹底していきたいです。また作業の速さよりもまずは正確性を重視して仕事に取組んでいきます。

■ 転職先での意気込み

まだまだ学ぶことがたくさんあるので、少しずつ身に着け丁寧に仕事をしていきたいです。転職先では国内外様々なルートで出願をしているので、各国のルールを覚え、書類ごとにどの段階なのかしっかりと考えながら入力作業や期限管理を行い、特許担当の方のサポートをしたいです。

2017.01.18

特許事務スクール10期生 募集中

お知らせ

「専門性の高い仕事に就くためには、国家資格や難易度の高い試験に合格する必要がある」

あなたはそのように思っていませんか?
実は、資格がなくても専門性の高い職種につけるチャンスがあります。
その仕事とは、特許事務です。

 ● 特許事務とは

特許事務はIPパラリーガルとも呼ばれ、主に企業の知的財産部や特許事務所で勤務します。特許を取得するまでには長い道のりがあり、その過程において、技術担当者や弁理士を連絡・手続面でサポートする役割を担います。具体的な仕事内容としては、特許庁へ提出する書類の作成、特許管理システムへのデータ入力や期限管理などです。

● 特許事務に必要なスキル

特許権取得の手続に関わる仕事のため、正確性、迅速さ、そして責任感が求められます。また、単に書類を作成するだけでなく、技術担当者、弁理士や上司と密に連絡を取りながら仕事を進める必要があるので、高いコミュニケーション能力が要求されます。一般事務職と異なる点は、英語力はもちろんですが、特許制度や法律に関する専門知識、そしてDB操作力も必要になります。

● 特許事務スクールの特徴

  • 特許事務の仕事で即必要とされる実務知識とスキルを中心に教えるため、ムダなく学習できます。
  • 100名以上を育成してきた経験から、受講生と転職先との相性を見極めることができ、転職後のリスクを低減できます。
  • 成績優秀者の方には、転職先をご紹介します。AIBSでは、企業・特許事務所・大学に対して特許事務支援サービスを提供しているため、各社の求人情報がいち早く入ります。

  

受講生の声

こちらから受講を終えた感想をお聞きください。

 

◆講座概要

講座名  特許事務基礎講座
コース開始  2017年1月~ 
カリキュラム   こちらからカリキュラムをご確認ください。
教室  東京都千代田区内神田2丁目15-4 司ビル6F
 TEL 03-5296-7410 / FAX 03-3255-8621
日時  対面講義の場合 基本は毎週水曜日 
受講料  カリキュラムを参照ください。
 ※入学金不要
こんな方におすすめ
  • 生涯仕事を続けたい方
  • 専門的な仕事に興味がある方
  • 向上心のある方
  • DBに詳しい方
  • 語学を活かした仕事をしてみたい方
スクール説明会(無料)
実施中
 
  • 開催日:毎週火曜日 19時~20時
  • 申し込み:日程調整します。下記のお問い合わせ先にご連絡ください。
説明資料送付中  説明資料を送付いたします。
 ご希望の方は、下記のお問い合わせ先にご連絡ください。
 簡単な適性検査テストも受けることができます。
説明会参加者特典  
  • 特許事務スタッフ適性検査
  • 特許業界への転職相談(1回30分)
 

 
※課題提出などには、PCおよびインターネットを使用します。
※開講日時は変更する場合があります。

 

お問い合わせ先

株式会社 アビリティ・インタービジネス・ソリューションズ 担当:有廣 香里(アリヒロ カオリ)
Fax : 03-3255-8621
Tel : 03-5296-7414
メール : ipschool@a-ibs.com

 

2017.01.18

シリーズ【特許事務を仕事にする】 13:J-PlatPatの転職活用術

特許事務のお仕事

「『ぷらっと』寄って、情報を『ぱっと』検索できるサービス」

20151117_textbook.jpg

あっという間に2016年が終わり、2017年がやって来ました。 新しい年を迎え、4月からの転職を目指している方も多いと思います。
そこで今回は、特許情報検索システムJ-PlatPat を活用して、転職先の情報収集をする方法をお伝えしたいと思います。

◆J-PlatPat

特許は、出願後 1 年半経過すると公開されるため、J-PlatPat を使うと、どの企業がどのくらい出願をしているか、どの企業がどの事務所に仕事を依頼しているかを調べることができます。

そこで、転職候補先の出願や登録件数を事前に調べることをお勧めします。特に、特許事務所で勤務を希望される方には、希望する特許事務所がどのような企業から仕事を依頼されているかを知ることができるため、ここから事務所の経営状況や組織体制を推察することができます。

ただ、検索した情報は 1 年半前に特許事務所が企業から出願を依頼された(仕事を受けた)情報になり、最新情報とはいえませんので、過去3年~5年分の推移を見るとよいかもしれません。

参考までに、ある特許事務所の所長の名前を入れて、1年分の出願件数を調べてみました。 すると、年間受任件数が545件と出ました。年間500件を超えると、事務も1人では対応は難しいため、数名で分業する形になり、内々・内外・外内にチームを分けて対応することが多くなります。

一方、ほかの事務所の所長名を入れて検索したところ年間60件がヒットしました。こちらの場合ですと事務スタッフの方が1名で担当できる分量となり、出願から登録までの一連の手続を担当する形になることが多くなります。

事務を分業する場合と、一人で一連の手続をする場合には、それぞれにメリットとデメリットがあります。そこで、これからどのようにキャリアを積み重ねていきたいかということと、どちらの組織で仕事をしたほうが、ご自身のよさ(得意)を引き出せるかを考えて転職するのがベストです。

実際にやってみなければ分からないこともありますが、AIBSでは100以上の知財事務スタッフの方とお会いしてきましたので、あなたにとってよりよい職場をご提案できると思います。 転職についてお悩みがあれば、どうぞお気軽にお問い合わせください!