事業内容

知的財産管理支援

知財業務のアウトソーシング

M&Aや分社化が増える昨今、知財現場の負荷が一時的に増えるケースが増えています。社内リソースだけでは対応しきれない業務もアウトソーシングが可能な場合があります。 お客様の状況を考慮し、負荷軽減につながるアウトソーシングを提案します。

IDS提出支援

知財業務の中で外部にアウトソーシングできる業務は限られていますが、IDSのアウトソーシングを活用すれば知財担当者の負担は軽減されます。お客様のIDS資料作成のルールから納品形態まで綿密に打合せをして、最適な形で資料作成いたします。

特許事務請負

同じ担当者がずっと業務をしていれば問題は起きませんが、特許事務のスタッフも産休や業務の配置転換などで入れ替わることが多々あります。その度に新しいスタッフに特許についての教育をして、さらに引継ぎをするのには相当な負荷がかかります。そこで、私たちはスタッフを派遣するのではなく、特許事務そのものを代行し、そのような負荷を軽減いたします。

実績

  • A社:IDS提出支援
    知財担当者がIDS資料を準備するのに時間をとられている現状から、その部分だけ切り取って外注したいとのご相談がありました。 IDS資料作成は当然ながらお客様によってルールが異なります。そのルールをまず明確にすることから始め、納品形態をどのようにするかなどを協議し、アウトソーシングの形ができあがっていきました。外注をスタートさせてからは、課題は出てきましたが、その都度協議することで解消していきました。お客様にも満足して頂き、現在も継続的に発注を頂いております。

  • B社:特許事務
    特許事務スタッフが頻繁に入れ替わっている状況から特許事務を業務委託したいとのご依頼を受けました。 まずは現場に入って仕事を覚え、業務範囲を明確にしていきました。業務範囲が絞られたら、成果物はどうのするのか、などの次のステップへいき、それをクリアしたらまた次のステップへという工程を繰り返すことで段々と特許事務の委託化に近づいていきました。お客様にも、内部での窓口はどうなるか、などの様々な部分で内部調整して頂き、特許事務の業務委託が実現しました。 最初からうまくいったわけではありませんが、課題が出てきたら協議して解消していき、すこしずつ事務業務がスムーズにまわるようになりました。

翻訳・通訳に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ!
[電話でのお問い合わせ]082-241-7532 受付時間:午前9時~午後6時(土・日・祝を除く)[フォームでのお問い合わせ]