スタッフブログ

Blog

2022.03.29

日中特許明細書翻訳における「流れ」の訳し方

日中特許翻訳

今回は「流れ」という言葉について考えたいと思います。

辞書によると、
「流れ」は、「流れること。また、流れるもの。」という意味です。

中国語に動詞の「流れる()」はありますが、
名詞の「流れ」はありません。
では、どのように翻訳すればよいでしょうか。

例文を見てみましょう。

<例文1>
空気の流れについて詳細に説明する。

簡単そうに見えて少し厄介なケースです。
訳語として、
「流れる方法(流动方式)」
「流れる方向(动方向)」
「流れる状況(动情况)」
などが考えられます。
文脈から、特にどれか特定できない(どれにしても意味が通じる)こともよくあります。
この場合、どれが明細書作成者の意図するものかを確認する必要があります。

<例文2>
冷却装置によって導入された冷却風を、ポンプ室へ向かう流れとマフラー室に向かう流れとに分離させる。

ここの「流れ」は、文脈から、「流れるもの(つまり、冷却風)」と判断できます。
「冷却装置によって導入された冷却風を、ポンプ室へ向かって流れる冷却風とマフラー室に向かって流れる冷却風とに分離させる」に書き換えると、翻訳がスムーズに行えます。

だいたいは以上のようなパターンです。
どれか1つの言葉ではなく、具体的な意味に応じて適切な訳語を選択します。
特許翻訳だけでなく、一般・技術翻訳でも似たようなものです。

それでは、また次回お会いしましょう。