翻訳スタッフブログ

Blog

2021.04.06

Tradosが起動しなくなったときの解決法

TRADOS

Tradosを使っていると突然起動しなくなることがあります。

エラーメッセージを見ても、Tradosのエラーメッセージはだいたい呪文なので原因を特定するのは困難。

「この型の CollectionView は、Dispatcher スレッドとは異なるスレッドからその SourceCollection への変更をサポートしません。」

よくあるパターンは、何らかの原因でTradosのプロファイルや設定ファイルが壊れて、起動時にそれらを読み込めなくなって起動できなくなるものです。

この場合、Tradosのアンインストール/再インストールだけでは解決しない場合が多いです。なぜならTradosをアンインストールしても設定ファイルは削除されないので、再インストールして起動したときに壊れた設定ファイルを読み込もうとするためです。

解決法は主に2つ

1.TradosリセットツールのSDL Freshstartを使う

SDL FreshstartはSDL AppStore(https://appstore.sdl.com/)から無償ダウンロードできます。

2.Tradosの設定ファイルを手動でリセットする

Freshstartを実行しても直らない場合、設定ファイルを手動でリセットします。

設定ファイルを手動でリセットするには、まず設定ファイルが含まれるフォルダーの名前を変更します(フォルダー名は何でもOK)

設定ファイルが含まれるフォルダーはTradosのバージョンによって異なります。

Trados Studio 2017の場合
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\SDL\SDL Trados Studio\14.0.0.0
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\SDL\SDL Trados Studio\14.0.0.0

Trados Studio 2019の場合
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\SDL\SDL Trados Studio\15.0.0.0
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\SDL\SDL Trados Studio\15.0.0.0

Trados Studio 2021の場合
C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\SDL\SDL Trados Studio\Studio16
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\SDL\SDL Trados Studio\Studio16

フォルダーの名前を変えたら、Tradosを起動します。
するとTradosは設定フォルダーと設定ファイルを作り直して、その新しい設定ファイルを読み込んで起動します。

2021.03.04

なまこ壁で城下統一

We LOVE NAGANO

松本市内、特に中町周辺の壁には#####のような特徴的な壁が多く見られます。

これを「なまこ壁」と呼ぶようです。

このような日本独自のものを英語で表すとき、方法は2つあります。

1.ローマ字表記して、その後にカッコ書きで説明を入れる。

2.英語のみで表現する。

どちらにするかの基準は特に決まっていないですが、文化的なものであることを表したい場合はローマ字表記かなと思います。

なまこ壁の場合は"Namako-kabe"または"Namako walls"と書いて、カッコ書きで説明が良さそうです。

説明はWikipediaにある"(a Japanese wall design widely used for vernacular houses, particularly on fireproof storehouses)"のように詳しく書いても良いし、"traditional Japanese wall pattern"のように簡素に説明してもどちらでも良いと思います。

どれぐらい説明するかは文脈的に詳しい説明が必要かどうかと、テキストを書くスペースの問題で決まります。

なおGoogleで検索すると"Sea cucumber wall"もヒットしますが、前振りや後説なく"Sea cucumber wall"だけ書いてもたぶん伝わらないのでご注意ください。

本題に戻ります。

「なまこ壁」の名前の由来は、白い盛り上がりの部分が「なまこ」のようだからとかなんとか。たぶん諸説ありません。なまこ壁は防火・防水などを目的としています。

そんなことを気にしだすと、街のあちこちになまこ壁が存在していることが気になります。

マンション with Namako walls
condominium_with_namako_wall.png

信用金庫 with Namako walls
bank_with_namako_wall.png

自動販売機 with Namako walls
vendingmachine_with_namako_wall.png

ファミマ with Namako walls
famima_with_namako_wall.png

観光情報センターも地味ながら with Namako walls
tourist_info_with_namako_wall.png

当然、公民館もぬかりなし with Namako walls
public_hall_with_namako_wall.png

なまこには心臓がありません、
他にもいろいろありません。無ければないでなんとかなるものなのでしょうか。

以前テレビで見たのですが、ナマコをずっと触っていると棒みたいにめっちゃ固くなって、さらにさわり続けるとお尻から内臓を吐き出してほぼ消えて亡くなるのを見て衝撃を受けました。敵に襲われたとき、吐き出した内臓を食べさせて生き延びるそうです。しかも何日か後には元通り再生するという。何という生命力。

ついでにお知らせすると、乾燥なまこは1グラム200円以上する物も珍しくない高級食材なのです。

2021.02.02

美ヶ原の様子を見に行く

We LOVE NAGANO

2月になりましたが、寒い日々が続きます。

「なんか気分が落ち込みがちだな~」というあなた、私の周辺では気分を上げるためには標高を上げると良いと、まことしやかにささやかれております。
ということで、冬でも車で行ける百名山のひとつ「美ヶ原」に進入してきました。

松本市内から美ヶ原に通じる道は、冬季閉鎖のため標高1400m(三城牧場付近)までしか車は入れません。しかし、山頂のホテルは営業しており、松本市とは反対側の長和町から標高1900mあたりまで車で行くことが出来ます。

標高1900m地点は上から下まで真っ白です。

utsukushigahara_1_white.png

ただ、天気があまりよくありません、状況次第では富士山や遠くの山々も眺めることができるのですが、雲に隠れて見えません。

utsukushigahara_2_cloud.png

それでも美ヶ原の空気は冷たく澄み、鼻毛を凍らせようとせんばかりで、なんだか新鮮な気持ちになります。標高を上げると気分が上がるという都市伝説は本当かもしれません、少なくとも今回はそれを実感できました。

2020.12.25

松本市内でも買える「富より健康」

We LOVE NAGANO

ここのところ松本で牛乳といえば牛乳パンとなっていますが、「富より健康」のキャッチコピーで有名?な松田牛乳をご存じでしょうか。

大町市の松田乳業さんの商品ですが、松本市内のスーパーでも広く取扱われております。

目印はもちろん「富より健康」です。

matsuda_milk.png

写真の商品の場合、松本市内のスーパーでは250円くらい(税込、1000ml)ですが、飲んでみれば納得の味の違いがあります。

さらになんと、レアアイテム「松田コーヒー」もあります、見つけたらすぐにゲットしましょう。

こちらは瓶(180ml)のみの販売で、日帰り温泉施設の牛乳自販機で入手できる場合が多いです、銘柄を確認してみてください。

年齢とともに「富より健康」の言葉が身に染みるようになってきました。体が資本、元気があれば何でもできる、いや~これは本当ですね。

冬本番となり寒くなってきました、ご自愛ください。

松田乳業商品紹介ページ:https://www.matsudanyugyo.co.jp/catalog/

2020.12.18

蕎麦屋が多いよ松本市、あの「粉」をご存じですか

We LOVE NAGANO

蕎麦屋が繁盛するシーズン、それは年末です。

ということで、今年も盛り上がってまいりました!年越し蕎麦までのカウントダウン開始でございます。

蕎麦打ちを見たことがある方なら、蕎麦に粉をふっているのを覚えていないでしょうか。あれは蕎麦粉の ようで蕎麦粉でない、でもやっぱり蕎麦粉かな?という「打ち粉(うちこ)」という粉です。「花粉(はなこ)」とも呼びます。

打ち粉(通販にて購入)
uchiko.png

打ち粉は、蕎麦の実の中心部付近を利用して作られています。

主な役割は、蕎麦がくっつかないようにすることですが、使いすぎると蕎麦から水分を奪って乾燥してしまいますので、あまり使いすぎない方がよいのかもしれません。


興味のある方は、お店でよく見てみてくださいね。