翻訳スタッフブログ

Blog

2020.12.17

松本城に門松が出現

We LOVE NAGANO

新年を間近に控え、門松が飾られました。

高さはなんと3.5m!!ちなみに松本城天守の高さは29.4mです。

門松をここまで意識して写真を撮ったのは初めてですが、警備員さんが微妙に横にずれてくれました。気を遣っていただいたのでしょうか、ありがとうございます。


kadomatsu1.png


kadomatsu2.png

昼と夜でなんか違うなと思ってみたら、夜は門が閉まってるんですね。

そうなんです、夜中までお城の中に入ってもらっては困ります。

夜は、寒さのせいもあって人があまりいませんが、門松は光り輝いていますのでお気軽にどうぞ。お堀のしゅんせつ関係の工事をしてますのでお気をつけてお越しください。
令和3年1月7日まで飾られています。

ちなみに門松を英語に翻訳する場合、"gate pine"のように意味で訳すのではなく、"Kadomatsu"とローマ字表記します。ただ、それだけだと伝わらないので、かっこ書きで説明文を入れます。

例:Kadomatsu (Japanese traditional new year's decorations)

このように日本固有の文化の用語は、ローマ字表記で残してかっこ書きで説明文を入れると、日本の文化と意味の両方を英語圏の読者に伝えられます。説明に"made out of pine and bamboo"も含める場合もありますが、長くなるのでスペースに余裕があるときに限ります。

2020.12.11

夜の松本市美術館もオススメです

We LOVE NAGANO

草間彌生さんの作品を展示している美術館です。

展示していることは知っています。

美術館の前を通ったこともあります。

入口に大きなオブジェが飾られていることも知っていました。

それでも、あれはなんだろうかと思いつつ詳細を確かめずに生きてきました。

百聞は一見にしかず、実物を見てきました。

matsumoto_city_musium.png

花でした。正しくはチューリップで「幻の華」という作品で、かなり迫力があります。

松本市美術館も松本城もライトアップされていて、明るくて良いです。

matsumoto_castle_in_blue.png

ここで疑問が・・・なぜ青いのか?
11月14日の世界糖尿病デーに、糖尿病啓発のシンボルカラー(青)にライトアップされていた日の写真です。他の色にライトアップされる日もあります。いきなり色が変わっているので、近隣住民としてはびっくりするんですけどね。

2020.12.09

松本のラーメン店で発見!なつかしのルーレットマシン

We LOVE NAGANO

ふらっと松本市内のラーメン店に入店。

ラーメンと餃子を注文し、ふとテーブルに目をやると見覚えのある姿がありました。生きていたのか・・・ルーレットマシン!

roulet_omikuji.png

おそらく四半世紀ぶりの再会であります。しかし一度も100円を投入したことはなく、正直なところ何が起きるのか知りませんでした。
あれから時は流れました、ということで再会を祝して100円を投入。投入後、レバーを動かすとルーレットが勢いよく回転、と同時に真下からおみくじが放出!

とりあえずおみくじを開封・・・

daikichi.png

YES! DAIKICHI!

精神面の充実ね、なるほどなるほど・・・。

ちなみに、おみくじは英語でFortune(-telling) paperと言い、大吉はExcellent luckやBest luckなどと言います。このおみくじを英語に翻訳して海外で販売したら売れそうです。ただ、英語に翻訳すると文章が長くなるので、この小さい紙に入るように編集するにはかなり苦労しそうです。

補足ですが、このおみくじマシーンの正式名称は「ルーレット式おみくじ器」で、日本で唯一「有限会社北多摩製作所」が作っています。唯一ってすごいです。

北多摩製作所URL:https://www.kitatamaomikuji.jp/

2020.12.08

【朗報】松本駅前に無料駐輪場あります!

We LOVE NAGANO

長らく松本駅前には無料の駐輪場がなく、松本駅の駐輪場は有料(100円/1日)でしたが、2019年に無料の駐輪場が設置されました。

公式アナウンスがないようなので、ご近所のよしみで、こっそりアナウンスいたします。

場所はここです
松本市深志1丁目4-12付近(ブエナビスタの近所)

Googleマップでは建物が存在していますが、現在は無料駐輪場に整地されています。

弊社AIBS長野支店 (翻訳・通訳や特許サポートのお仕事をしております。) のあるフコク生命駅前ビルの裏手です。
ご近所にお勤めの皆様、また松本駅を利用している皆様、無料ですよ!
自転車で駅前に来ても安心です、100円無くても大丈夫! 24時間出し入れ可能です!100台くらい収容可能と思います。

matsumoto_station_free_bike_parking.png

看板も拡大しておきます。

matsumoto_station_free_bike_parking_signboard.png

さらにストリートビューで見てみますと、こんな感じです。

何もないように見えていますが、安心してください、無料駐輪場になっています。

2020.12.07

松本銭湯物語 - Explore Nostalgic Public Bath in Matsumoto -

We LOVE NAGANO

全国的な流れではありますが、街の銭湯は年々廃業の一途であります。

東京都などの都市部では、銭湯好きが存続させようと頑張っておられるようですが、地方都市ではなかなか厳しいのが現状ではないかと思います。

そんな一地方都市の松本駅周辺にも銭湯が数件あります。
並べてみますと、バラの湯、桜の湯、松の湯、富士の湯、菊の湯、塩井の湯、駒形の湯と数件営業中です。いかんせん世の中の流れに逆らうのは難しいようで、お客さんが多くはありません。(私の体感です。)

その中の一軒「菊の湯」も一時期廃業を検討していたようですが、なんと跡を継いでいただける若者が現れたようです!!素晴らしい!
さらに、クラウドファンディングで資金を集めたあたりも、若者の柔軟な思考だなと思うところです。

kikunoyu.png

若干リニューアルしたということで、人もひいたであろう21時30分気温5度、自転車を走らせました。。。

インスタ映えする銭湯みたいになっていたらという不安が頭をよぎりつつも・・・。

なんということでしょう!

ほとんど変わっていない!ケロリン洗面器あり!

しかし、確実にきれいになった!シャンプー常設!銭湯であることは変化なし!

どうもありがとうございます!

せっかくなので、湯に入る⇒出る⇒間違えて水風呂⇒ジェット風呂⇒ジェット風呂と、いつもより多めに入ってきました。

銭湯も含め、人々の生活に密接する文化が無くなっていくのはさみしいものです、残せるものは残せればいいなと思っています。