特許事務ブログ

IP Blog

2021.03.03

シリーズ【特許事務を仕事にする】 65:知財学習オススメ動画(2)

特許事務のお仕事

nanohana2.jpg

こんにちは。3月になり、また一歩春が近づいてきているのを感じます。

昨年からオンラインでの研修が増えて、ライブ配信やアーカイブ動画を見て研修を受けることが多くなりました。知財に関する研修動画もたくさんあります。

最近、私がよく見ているのが「知財実務オンライン」です。毎週木曜日の18時30分~20時にYouTubeでライブ配信されています。リアルタイムで見ることが難しい方は、アーカイブを見ることもできます。毎回、企業の知財部の方や特許事務所の所長さんなどをゲストに迎えて、他では聞けないようなリアルなお話が聞けます。また、最新の知財情報も入手できます。

弊社は本社が広島にありますが、その広島で独立された弁理士の先生がゲストでお話される動画もあり、地方での独立について「自分は運が良かった」とおっしゃっていましたが、人と人とのつながりや運って大事だなと気づかせてくれる回でした。

私が入社して2年目くらいの頃、当時の弊社社長とメールをする機会があり、その時に、「仕事も人生も運とツキ。ツキというのは、"笑う門には福来る"というように、笑顔でいると幸運が舞い込んで来るんだよ。」というメッセージをもらったのを思い出しました。最近はマスクをつけていて表情が隠れて見えないことも多いですが、表情に気づきをもって、笑顔で過ごしたいものですね。

◎知財実務オンライン
https://www.youtube.com/channel/UC9wUmfwG0y4sYYGh5GApneA/videos

2021.02.25

シリーズ【特許事務を仕事にする】 64:特許で扱う書類「公開公報」

特許事務のお仕事

ume02.jpg

こんにちは。早いもので、今週で2月も終わりですね。
日々、寒暖の差が大きいですが、体調にはどうぞお気をつけください。

さて、日本で特許出願すると、1年6か月経過後に出願が公開されます。このときに発行されるのが「公開特許公報」です。略して"公開公報"と呼んでいます。

公報の1ページ目を「フロントページ」と呼びますが、フロントページには書誌事項と発明の要約が記載されています。フロントページを見れば、出願人が誰で、いつ出願されて、審査請求はされているのか、どんな発明なのかを知ることができます。

事務担当者は、公開公報を受領したら、書誌事項を確認し、特許管理システムに以下を入力をします。

・ 公開日
・ 公開番号

ここで公報の書誌事項と特許管理システムに入力している内容を確認することで、データに相違がないかチェックすることもできます。

冒頭で、出願して1年6か月経過後に公開されると記載しましたが、出願公開前に出願が取下げ、放棄、却下されたものや、もしくは拒絶査定が確定している場合には、公開公報は発行されません。


出展:2020年度 知的財産権制度入門テキスト(特許庁ウェブサイト)
https://www.jpo.go.jp/news/shinchaku/event/seminer/text/2020_nyumon.html

☆ご参考☆
もっと詳しく知りたい!という方は、通信講座がオススメです。
特許事務通信講座のご案内

2021.02.17

シリーズ【特許事務を仕事にする】 63:特許で扱う書類「出願審査請求書」

特許事務のお仕事

ume2.jpg

こんにちは。日中はぽかぽか陽気の日もあって、お散歩したり、お出かけしたりしたくますね。

さて、前回、出願が完了した後に管理しなければならない期限として、出願日から3年以内の審査請求期限があることを説明しました。今回は、その審査請求についてお話ししたいと思います。

日本では、特許出願しただけでは権利は取得できません。審査請求をして初めて、審査官によって実体審査が行われ、特許になり得るどうか判断がされます。

事務担当者は、審査請求期限日の約6か月~3か月前に、技術担当者や発明者に対し、その特許出願について、審査請求をするのか、つまり権利化を進めるのかどうか検討を依頼します。審査請求要否の検討の時期やタイミングは企業によって異なり、対象の期間に該当する案件を複数まとめて検討するところもあれば、期限が到来する案件が発生する都度検討するところもあります。出願件数が多いところは前者の対応が多いようです。

社内で検討した結果、審査請求 "要"(権利化を進める)となった時に特許庁に提出する書類が「出願審査請求書」です。省略して、"審査請求書"と呼ぶことも多いですが、正式な書類名は「出願審査請求書」です。

企業によっては、出願の手続は特許事務所に依頼していても、審査請求は自社で行うというところもありますので、事務担当者が審査請求書を作成することもあるかもしれません。書類を作成するときには、以下の情報を記載します。
・ 提出日
・ 出願番号
・ 請求項の数
・ 請求人
・納付金額  ※請求項の数によって異なります
特に大事なのが出願番号で、間違いなく記載しなければなりません。

事務担当者は、審査請求書を受領/審査請求が完了したら、特許管理システムへ入力をします。書類を見て、 審査請求日(提出日)を入力します。


出展:2020年度 知的財産権制度入門テキスト(特許庁ウェブサイト)
https://www.jpo.go.jp/news/shinchaku/event/seminer/text/2020_nyumon.html

☆ご参考☆
もっと詳しく知りたい!という方は、通信講座で学べます ⇒ 知財事務.com/chizaijimu01

2021.02.10

シリーズ【特許事務を仕事にする】 62:特許で扱う書類「出願書類」~つづき~

特許事務のお仕事

koubai.jpg

こんにちは。先日近くの公園を散歩していたら、梅の花が咲いていました。寒い日が続きますが、少しずつ春が近づいていますね。

さて、前回は、特許でよく扱う書類として「出願書類」について説明しました。では、出願書類を受領したら、事務担当者はどのようなことをするのかご紹介したいと思います。
企業によっても、使っている特許管理システムによっても、若干対応が変わってくると思いますので、ここでご紹介する内容は一例として捉えていただければと思います。

事務担当者は、出願書類を受領したら、特許管理システムへ入力をします。
書類を見て入力・チェックする項目は以下です。

・「特許願」:発明者、特許出願人、代理人、特殊な出願(分割出願や優先権の主張を伴う出願、新規性の喪失の例外の適用を受けようとする出願等)の場合は、特記事項や先の出願の情報等
 ※ 出願の種別によって、管理すべき内容が異なりますので、システムには出願の種別(通常、分割、国内優先等)を入力します
・「明細書」: 発明の名称
・「特許請求の範囲」: 請求項の数
・「受領書」(※インターネット出願の場合): 出願日、出願番号

インターネット出願の場合、出願時のデータ(XMLデータ)を特許管理システムに取り込んで、出願番号や出願日などの書誌的事項を自動登録することができます。ただし、自動登録できる項目は、システムによって異なります。たとえ自動登録できたとしても、それで終了ではなく、書類を見て、上記の項目をチェックをしています。

出願が完了したら、日本の通常出願の場合には、管理しなければならない期限が2つあります。1つは、出願日から1年の優先権主張期限です。こちらには、外国出願の期限と、国内優先権に基づく出願の期限が含まれます。もう1つは、出願日から3年の審査請求期限日です。いずれも自発的に対応しなければなりません(特許庁から『もうすぐ期限ですよ』というような通知は来ません)ので、期限管理が重要になります。


☆ご参考☆
もっと詳しく知りたい!という方は、通信講座で学べます ⇒ 知財事務.com/chizaijimu01

2021.02.03

特許事務通信講座のご案内

お知らせ

専門性の高い仕事に就きたいけど、資格を持っていない・・・

事務職として長く働くためにスキルアップするにはどうしたらよいか?

特許事務という仕事に興味はあるけど、経験がない・・・

そうお考えの方は、通信講座で学習して、一生モノのスキルを習得しませんか。

★一生モノのスキルを習得する秘訣はこちら★
知財事務.com/chizaijimu01

特許事務という仕事はIPパラリーガルとも呼ばれ、主に企業の知的財産部や特許事務所で勤務します。特許を取得するまでには長い道のりがあり、その過程において、技術担当者や弁理士を連絡・手続面でサポートする役割を担います。具体的な仕事内容としては、特許庁へ提出する書類の作成、特許管理システムへのデータ入力や期限管理などです。

特許事務の仕事で即必要とされる実務知識と実務スキルを習得できるように作成した「AIBSオリジナルテキスト」により、未経験者が業務を開始する上で必要なスキルと知識を最短でムダなく学習できます。
これまで未経験者をイチから育成してきた弊社のノウハウが詰まっています!

◎カリキュラムの一部抜粋はこちらをご覧ください。

※通信講座は個人の方を対象にした講座です。特許事務所・企業知的財産部の方で、職場での特許事務教育に活用したいとお考えの場合も、お気軽に上記リンク先からお問い合わせください。