|1. アプリケーションを素早く起動する

Windows7でアプリケーションを素早く起動するには、3つの方法を組み合わせるのがオススメです。

  • もっともよく使うアプリケーションは、タスクバーに表示しておく
    タスクバーにアプリケーションを表示するには、アプリケーションのショートカットアイコンをタスクバーにドラッグアンドドロップするか、ショートカットアイコンを右クリックして、「タスク バーに表示する」を選択します。
     
  • 次によく使うアプリケーションは、「スタート」メニューに常時表示しておく
    アプリケーションのショートカットアイコンを右クリックして「スタート メニューに表示する」を選択すると、そのアプリケーションがスタートメニューの上の方に常時表示されるようになります。
     
  • それ以外のアプリケーションは、「スタート」メニューの検索ボックスから起動する
    Windows7の「スタート」メニューにある検索ボックスはかなり使えます。
    検索ボックスにアプリケーション名の一部を入力すると、該当するアプリがすぐに表示されます。インクリメント検索なので、文字列全部入力しなくても、すぐに検索されます。

 

|2. ファイルのパスを簡単に取得する

ネットワーク上のファイルサーバーで作業している場合、メールなどで他人にファイルの在処を伝えるのに、ファイルのフルパスを書くことがよくあります。

ファイルを右クリックして「プロパティ」を開き、「場所:」に表示されるフォルダー名をコピーして使えますが、フルパスにするには、その後にファイル名をつなげないといけません。

そんなとき、Windows7には便利な機能があります。

[Shift] を押しながらファイルを右クリックすると、「パスとしてコピー」というメニュー項目が現れるのでこれを選択します。

pathcopy.gif

そのままメールなどにペーストすると、ファイルのフルパスが書き出されます。

 

|3. 複数のフォルダーをライブラリで管理する

Windows7には、ライブラリというとても便利なものがあります。

ライブラリは、フォルダーのショートカットに似ていますが、あちこち散らばっている複数のフォルダーを1つにまとめることができます。

たとえば、複数の仕事を並行して進めている場合、それらのフォルダーを「進行中」というライブラリに入れておけば、「進行中」ライブラリから簡単にアクセスできるようになります。

ライブラリの作り方は簡単。Windowsエクスプローラーを開き、「新しいライブラリ」をクリックするだけ。

library.gif

あとは、ライブラリに入れたいフォルダーを好きなだけ追加できます。

簡単に仕事の効率をアップできるので、ぜひお試しを。