翻訳スタッフブログ

Blog

2021.06.09

世界では虹は7色ではない?!

日々のつれづれ

こんにちは、新入社員のKです。

今回は先輩社員Kさんとのお話が面白かったので記事にしたいと思います。

突然ですが、みなさんが思い描く虹の色は何色ですか?

虹の色は一般的に外側から順にと考えられています。

ですが、これは日本人での認識で、世界共通の認識ではありません。

アメリカやイギリスでは6色ドイツや中国では5色ロシアでは4色と考えられているようです。

アジア諸国、ヨーロッパ諸国の中でも虹の色に違いがありますね。

7色 日本・オランダ・イタリア・韓国
6色 アメリカ・イギリス
5色 ドイツ・フランス・中国・メキシコ
4色 ロシア・インドネシア

参照:https://opticaltale.blogspot.com/2020/07/blog-post_13.html

ウェザーニュースのサイトに分かりやすい比較図がありました▼

出典:ウェザーニュース

色の見方や、その色を表す言葉の有無が、国や文化によって異なるため

虹の色と色数に違いが出るそうです。

同じ物を見ているのに、こんなにも見え方が異なるなんて面白いですよね。

しかも、同じ国でも人によっても答える虹の数が違うなんてこともあるそうです。

各国の言語の「虹」を辞書で引くと、どれも日本語では「虹」という訳ですが、

見ている虹は全く違うのですね。

ちなみに先輩社員のKさんは「各国の絵本の虹も違うのかなあ」

とおっしゃっていました。

その国の言語で「虹」と画像検索してみると、面白い発見があるかもしれません。

興味がありましたら検索してみてください!!