ホームページ・Webサイト翻訳サービス

Webサイト翻訳

Website Translation

Webサイトの
スムーズな多言語化をポートします

近年WordPressなどのCMSを使って、自社でWebサイトを構築したり更新したりしている企業は多くあります。それでも、日本語ページしかなかったり、外国語ページがあっても更新はあまりできていない企業も多いのではないでしょうか?

Webサイトは企業の広報や営業窓口としてだけでなく、上場企業にとっては海外投資家への情報開示の手段としても非常に重要な役割があります。AIBSのWebサイト翻訳サービスは、お客様が負担なくスムーズにWebサイトを多言語化できるようサポートします。

こんなお客様におすすめ

  • 日本語ページのデザインはそのままで外国語ページを作りたい
  • 海外の顧客や投資家向けに、プレスリリースやニュースの英語ページをタイムリーに更新したい
  • ページの重要度で機械翻訳とプロの翻訳を使い分けて、翻訳コストを抑えたい
  • 翻訳は翻訳会社に依頼しているけど、訳文をWordPressにコピーペーストするのが面倒
  • 日本語のhtmlファイルを渡すので、htmlのまま外国語にして納品して欲しい
  • 自動翻訳サービスで外国語に切り替えるのではなく、もっとスマートに見せたい

AIBSのWebサイト翻訳ービスの特長

Webサイト翻訳サービスの特長その1

ネイティブに刺さる訳文に仕上げます

Webサイトの翻訳は単に言葉を置き換えるだけでは、その役割を果たすことはできません。ターゲット言語の文化やトレンドを踏まえて、読み手の心に「刺さる」文章をつくることが重要です。

AIBSでは、基本的に訳文言語のネイティブが翻訳し、原文言語のネイティブがチェックする体制で、原文の意図を正確にとらえつつ自然な訳文に仕上げていきます。

Webサイト翻訳サービスの特長その2

お客様に負担はかけません

htmlやphpファイルをご提供いただけば、そのままの形で翻訳したものを納品します。お客様が翻訳対象の文字列を抽出したり、訳文をhtmlやphpファイルにコピーペーストしたりする必要はありません。ヒーロー画像内のテキストの翻訳、埋め込み動画の字幕翻訳にも対応します。またWebサイトをWordPressで制作されている場合は、プラグインを使って簡単に多言語化できます。

Webサイト翻訳サービスの特長その3

日本語サイトのリニューアルも合わせてお引き受けできます

Webサイト制作×多言語翻訳サービスウェブトラ」

ウェブトラは、Webサイト制作会社の株式会社FabricArtsとAIBSのコラボレーションサービスです。お互いの強みであるWebサイト制作と多言語翻訳のノウハウを融合させ、日本語サイト制作から多言語翻訳まで一括で行います。

日本語サイトの作成段階からお客さまのご要望をヒアリングし、グローバルビジネスの成功をサポートします。

機械翻訳とプロ翻訳の併用で
安価にWebサイトを多言語化

一部のページの英語ページだけ作って終わり

ビジネスチャンスを逃す可能性あり

自動翻訳サービスで全ページ自動翻訳

言語ページが表示されるまで時間がかかる
目立つ箇所に変な訳文がある

Webサイトの多言語化は、一般的にページ数と言語数に比例して翻訳コストと時間が増えていきます。
このような問題から上記のようなケースが発生しますが、機械翻訳とプロ翻訳を併用すれば、コストを抑えながらタイムリーかつポイントを抑えて多言語化できます。

おすすめのWebサイト多言語化方法(ケース別)

おすすめケースその1

プロ翻訳+機械翻訳

トップページや商品紹介ページなどの重要なページだけをプロ翻訳、それ以外を機械翻訳のように指定できます。ご予算を最大限効率的に使うことができます。プロ翻訳と機械翻訳をページごとに指定するだけでなく、英語以外の言語は全ページ機械翻訳など柔軟に指定できます。

おすすめケースその2

プロ翻訳+ポストエディット+機械翻訳

「ポストエディット」とは、機械翻訳の訳文を人間が修正する作業のことです。プロ翻訳と比べると翻訳の精度は下がりますが、翻訳コストを大幅(品質要件に応じて変わります)に抑えられます。最重要ページはプロ翻訳、次に重要なページはポストエディットで機械翻訳で残る大きな誤訳や目立つ箇所の不自然な訳文だけ修正、残りは機械翻訳のように使い分けできます。

おすすめケースその3

機械翻訳(+ポストエディット)

納期を最優先で多言語化する場合、機械翻訳で全ページ一気に多言語化できます。見出しやレイアウトが崩れる箇所だけ修正など、限定的にポストエディットを指定することもできます。また、後日ページを選んでプロ翻訳やポストエディットをご依頼いただくことも可能です。

対応言語

45か国語以上に対応しています。

北米英語(アメリカ)
中南米スペイン語・ポルトガル語
北ヨーロッパノルウェー語・スウェーデン語・フィンランド語・デンマーク語・エストニア語・ラトビア語・リトアニア語
西ヨーロッパ英語(イギリス)・ドイツ語・フランス語・オランダ語
南ヨーロッパスペイン語・ポルトガル語・イタリア語・スロベニア語・クロアチア語・セルビア語・ギリシャ語
東ヨーロッパポーランド語・チェコ語・スロバキア語・ハンガリー語・ルーマニア語・ブルガリア語
ウクライナ語・ロシア語
中東アラビア語・ペルシャ語・ヘブライ語・トルコ語
中央アジアカザフ語・トルクメン語
南アジアヒンディ語・ウルドゥ語
東南アジアベトナム語・タイ語・インドネシア語・フィリピノ語・マレー語・カンボジア(クメール)語
東アジア中国語(簡)・中国語(繁)・韓国語
記載されていない⾔語もお気軽にお問合せください。

Webサイト翻訳の流れ

  1. 翻訳用ファイルの準備
    翻訳用のファイルを準備します(原稿の提供方法によって変わります)。
  2. 翻訳
    プロの翻訳者(プロ翻訳の場合)または機械(機械翻訳またはポストエディットの場合)が翻訳します。
  3. チェック
    プロ翻訳の場合、翻訳者とは別の担当者が翻訳文をチェックして修正します。
    ポストエディットの場合、ポストエディターが品質要件に合わせて機械の翻訳文をチェックして修正します。
  4. 翻訳済みファイルをWebサーバーにアップロード
    htmlやphpの場合はftpクライアントでアップロード、wordpressの場合はプラグインでアップロードします。
  5. Webブラウザーで確認
    Webブラウザーで翻訳済みページを確認します。
  6. 修正・納品
    修正箇所がある場合は修正して納品します。

Webサイト翻訳の事例紹介

※表示料金はすべて税抜きです

コーポレートサイトの
日英翻訳

サイト健康食品メーカーのコーポレートサイト
ご依頼内容デザインカンプをpdfでご提供いただき、
対訳表で納品
言語日本語→英語
ページ数約30ページ
料金約140万円

コーポレートサイトの
日英翻訳

サイト物流企業のコーポレートサイト
ご依頼内容htmlファイルをご提供いただき、
訳文をhtmlで納品
言語日本語→英語
ページ数15ページ
料金約50万円

サービスサイトの
多言語翻訳

サイト鉄道会社のサービスサイト
ご依頼内容対象のドメインを指示いただき、
訳文をwordで納品
言語日本語→英語・韓国語・中国語(簡体字と繁体字)
ページ数約20ページ
料金約100万円

サービスサイトの
日英翻訳

サイト交通系スマートフォンアプリのサービスサイト(PC用とSP用)
ご依頼内容php、jsonファイルをご提供いただき、
訳文をphp、jsonで納品
言語日本語→英語
ページ数約25ページ
料金約40万円

サービスご利用の流れ

  1. お問い合わせ

    下記のお問い合わせフォームまたはお電話でお問い合わせください。

  2. ヒアリングおよびお見積もり作成

    翻訳対象のサイトを確認し、ご要望をヒアリングして、お見積書を作成します。

  3. ご発注
  4. 作業開始

    詳細は上記「Webサイト翻訳の流れ」を参照してください。

  5. 納品
  6. アフターフォロー

    納品物の評価やフィードバックなどをお伺いして、次回案件に活かします。

お問い合わせ

    氏名*

    会社名*

    メールアドレス*

    電話番号*

    都道府県*

    お問い合わせのタイプ*

    対象サービス*

    原文言語*
    訳文言語* 複数ある場合はすべてご入力ください
    編集作業*

    ご希望納期*

    ファイル添付(20MB以下) 複数ある場合はzipしてください

    通訳言語*
    場所・会場*
    会議の内容*
    通訳タイプ*
    オンライン*
    期間*
    時間*

    メッセージ

     

    AIBSを何で知りましたか*

    詳細を教えてください

    プライバシーポリシーに同意のうえ、入力内容の確認画面にお進みください。