特許事務ブログ

IP Blog

2021.11.11

シリーズ【特許事務を仕事にする】 78:特許事務に向いている人って?

特許事務のお仕事

autumn3.jpg

こんにちは。紅葉が楽しめる時期になってきました。今見頃の場所も多そうですね。

2年前まで、毎年この時期には特許・情報フェアが開催されて、弊社も出展をしていたのですが、今年の11月に予定されていた特許・情報フェアは延期になり、2022年2月2日(水)~4日(金)に開催されることになりました。日程が近づいてきましたら、またご案内させていただきたいと思います。

さて、いきなりですが、特許事務の仕事にはどんな人が向いていると思いますか?細かい作業が好き/得意な人、大量の書類を扱う仕事を経験したことがある人など、特許事務の仕事に向いていると思われる性格や経験がいくつかありますが、その一つに「新しいアプリケーションも抵抗なく操作できる」というのがあります。

出願中の特許や保有している特許を管理するために、特許管理システムを使っていることが多く、特許事務担当者は、そのシステムの操作が必要になります。企業によっても使っている特許管理システムが異なり、途中で別のシステムに変わることもあって、新しく操作を覚える必要が出てくることもあります。

自分が慣れていることや知っていることは安心しますが、新しいことをするとなると、わからないし、不安もあったりして、少しおっくうになったりするかもしれません。でも、新しいことをすることに抵抗がないほうがストレスがなく働けると思います。

これは特許事務に限ったことではありませんが、まずはやってみる、受け入れてみるというのが大事なのかなと思います。じつは私はまだ○○Payというようなキャッシュレス決済を使ったことがないのですが、それでしか買えないものがあって、今度やってみようと思っています。