特許事務ブログ

IP Blog

2021.05.26

シリーズ【自動化の事例紹介】 5:データの照合(審査請求期限日のダブルチェック)

知財事務の自動化(RPA活用)

RPAを使って業務の効率化、省力化をはかりませんか?

知財業務でどのようにRPAを取り入れられるのかあまりイメージが湧かない・・・というかたへ、弊社で作ったシナリオを動画でご紹介します!

期限管理の中で重要な期限のひとつである審査請求期限日。知財管理システムが自動で期限日を計算してくれるとしても、出願日を正しく入力していなければ、審査請求期限日も正しく設定されません。
だからといって、1件1件出願日を確認するのは手間がかかります。そこで、「ロボットにデータを照合してもらおう!」ということで作られたのが以下のシナリオです。

◆入力データと商用DBの照合

RPAツールであるWinActor®を使って、知財管理システム ATMS PROPASから、出願から30ヶ月~18ヶ月経過した案件を抽出して 、商用データベースのデータと照合した結果(正誤表)を、関係者にメールで送信するシナリオを作成しました。
ダブルチェックをすることによって、審査請求期限日を正しく管理できます。

RPA06.png

 

☆☆お知らせ☆☆
WinActor®を試してみませんか?
試使用版を30日間無料でお使いいただけます。
動画を見ながらシナリオ作成を体験できます。
詳しくはこちらをご覧ください ⇒ ⇒ RPAオンライン学習