特許翻訳

Patent Translation

高い技術力と理解力で特許翻訳をサポートします

特許翻訳の品質は、翻訳者の言語スキルはもちろん、技術理解力や諸要件への対応力によって大きく左右されます。
AIBSでは、特許明細書が発明の内容を伝える「技術文書」であり、かつ権利を行使するための「法律文書」であるという点を重視して訳文を作成しています。

具体的には、企業の知財部門や特許事務所で実務経験のある社員がお客様の品質要求レベルを的確に把握した上で翻訳プロセスを統括し、技術分野に応じて選定された最適な翻訳者が翻訳、チェックを担当します。

翻訳と一緒に納品する「翻訳者コメント」には、原文を「技術文書」と「法律文書」の観点から読み込んだからこそ提供できる訳注や代替案を盛り込み、お客様に喜ばれています。

また、翻訳者のレベルアップにも力を入れており、AIBS翻訳スクールコンテンツに基づく導入教育や、社内外の特許翻訳者を対象とした研修会を行っています。

品質には自信あり!

  • 翻訳者+チェッカー+最終チェッカーのトリプルチェック

    安定した「AIBS品質」をお届けします。

  • 特許翻訳に精通した社員が多数常駐

    知財翻訳経験10年以上、知的財産翻訳検定1級・知財管理技能検定2級等の各種資格、企業の知財部門や特許事務所での実務経験を持つベテラン翻訳者が品質を担保します。

翻訳対象

特許明細書、中間処理書類(拒絶理由通知書、補正書、意見書、応答案作成依頼など)、無効審判関連書類、特許公報、抄録、技術文書、契約書

対応分野

電気・電子 、IT、半導体、光学、機械、自動車、化学、バイオ

対応言語

日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、ドイツ語、その他アジア、ヨーロッパ諸言語