ソフトウェアローカライズ

Software Localization

ソフトウェアやアプリなどのローカライズを
トータルサポートします

ソフトウェアのUIテキスト(メニュー名やエラーメッセージ)などを現地語化(ローカライズ)いたします。

ローカライズの品質は、そのソフトウェアがターゲット市場で成功するかどうかに大きく影響することから、専任のプロジェクトチームを結成し、製品を十分に理解したうえで、高品質なローカリゼーションを実現します。

ソフトウェアローカライズ

お客様の負担を軽減

UIテキストはExcelの対訳表形式で翻訳するのが一般的ですが、お客様側でUIテキストを抽出したり、戻ってきた翻訳が枠に収まらない場合に縮めたりする必要があります。また文脈がわからない対訳表形式では誤訳も多くなり、訳文の修正が頻発します。

AIBSではリソースファイルやソースコードをご提供いただけば、UIテキストを外国語に変えた状態で納品いたします。またそのUIテキストを用語集化してマニュアルやヘルプを翻訳し、UIとマニュアルの訳語を統一します。さらにご希望に応じて実機確認やマニュアル用の画面キャプチャリングにも対応し、ローカライズにかかるお客様のご負担を軽減いたします。

ソフトウェア開発で発生する
ドキュメントの翻訳もお任せください

下記のようなソフトウェア開発の各工程で発生するドキュメントやUIの翻訳に対応しています。
一括でお任せいただければ、ドキュメントとUIで使用する単語の統一ができます。特に、マニュアルとUIで使用する単語が異なるとユーザーの利便性が悪くなるので、きちんと単語を一致させることが必要です。

要件定義

  • 提案依頼書(RFP)
  • 要件定義書

設計

  • 業務フロー
  • システム構成図
  • テーブル定義書
  • 基本設計書
  • 詳細設計書

製造

  • UI項目
  • メッセージ

テスト

  • テスト仕様書
  • テスト計画書

運用

  • 管理者マニュアル
  • ユーザーマニュアル

ソフトウェアローカライズの事例

※表示料金はすべて税抜きです

操作パネルのローカライズ

お客様:印刷機メーカー様
言語:英語→フランス語、中国語(簡体字)
内容:新機種の操作パネル
(外装についているボタン類)の翻訳
ボリューム:ミニマムチャージ※程度
納期:3営業日
料金:約20,000円
※ミニマムチャージ: 1言語の翻訳費が10,000円以下であっても10,000円を最低料金として頂戴します

UI翻訳と実機確認

お客様:ソフトウェア開発関連会社様
言語:日本語→英語
内容:・UIの日英翻訳
・実機確認
ボリューム日本語 約14,000字
納期:3週間
料金:約300,000円

基本設計書と詳細設計書の
日中翻訳

お客様:旅行・観光事業会社様
言語:日本語→中国語(簡体字)
内容:システム詳細設計書、
基本設計書等の翻訳と編集
ボリューム:日本語 約50,000字
納期:約1ヶ月
料金:750,000円

UIと関連ドキュメントの翻訳

お客様:ソフトウェア・サービス事業会社様
言語:・日本語→英語翻訳
・ネイティブチェックのみ
内容:・画面メッセージ、要件定義書
→ネイティブチェック
・基本設計書、管理マニュアル
→日英翻訳
ボリューム:・ネイティブチェック→11,000ワード
・翻訳→54,000字
納期:1.5ヶ月
料金:1,050,000円

ソフトウェアローカライズを
AIBSに任せるメリット

高品質

高品質な翻訳

案件の背景(誰が、どこ(国)で、どのような目的で使うシステムなのか)やドキュメントの種類について事前にヒアリングします。

これらの情報を翻訳に携わるメンバーと共有することで適切な翻訳に仕上げます。また、ドキュメントとソフトウェアをワンストップでお任せいただくことで訳の統一が可能になります。

訳語(用語)の蓄積

訳語(用語)の蓄積

継続的にご依頼いただくことで、用語と訳語の蓄積が可能です。

マニュアルとソフトウェア間の統一だけでなく、たとえば旧製品と新製品のマニュアルで使用する言葉の統一もできます。

スケジュール管理

スケジュール管理

案件の背景をヒアリングする際、開発スケジュールについてもお聞きします。

AIBSではお客様の開発スケジュールにあわせて翻訳スケジュールをご提案します。規模が大きな案件(長期間にわたる)の場合は、週次もしくは隔週で進捗を報告します。

対応言語

日本語、英語、中国語、韓国語、その他
※その他言語についてはお問い合わせください。

ローカライズ可能な
ソフトウェア

  • Windows/Macソフトウェア
  • iOS/Androidアプリ
  • Webアプリケーション
  • 組み込みシステム

ソフトウェアローカライズの流れ

お客様
AIBS
  • STEP

    01

    お引き合い

  • STEP

    02

    ご要望・作業条件等ヒアリング

  • STEP

    03

    UIテキストを含むリソースファイルや
    ソースコードなどを提供

    ※Excel対訳表でも対応可

  • STEP

    04

    プロジェクトチーム編成・
    スケジューリング

  • STEP

    05

    UIテキスト抽出・
    スタイルガイド作成・用語集準備

  • STEP

    06

    翻訳

  • STEP

    07

    チェック

  • STEP

    08

    コンパイル

    ご提供いただいたものと
    同じ形式で納品

  • STEP

    09

    実機テストおよび修正

    テキスト枠内に
    収まっているか
    文脈に合っているか

  • STEP

    10

    コンパイルおよび確認

  • STEP

    11

    マニュアル/ヘルプの翻訳

    ※マニュアルで使用する画面キャプチャリングも可能です